ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

皿を舐めたくなるほど美味しい!? 船上料理「なめろう」レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

なめろうは房総半島沿岸に伝わる郷土料理。漁師さんが船の上で作っていたもので、青魚の刺身と薬味、味噌を叩いて混ぜたものです。このなめろうという変わった名前は、「なめらかな舌触り」からつけられたとも、「思わず皿まで舐めたくなるほど美味だから」ともいわれています。作り方は非常に簡単で、この時期のおつまみに最適な一品。新鮮な刺し身が手に入ったときはぜひお試しください。

粗めに叩いて食感を残すのがポイント

あじのなめろうのレシピ | 料理サプリ

定番のなめろうレシピです。細かくミンチにするのではなく、刺し身の食感が残るように叩きましょう。あじだけでなく、さんまやいわし、いさきなどでも美味しく作ることができます。

脂の乗ったぶりもさっぱり美味しく!

薬味たっぷり!ぶりのなめろうのレシピ | 料理サプリ

青背の魚だけでなく、脂の乗ったぶりも美味しいなめろうになります。たっぷりの薬味とかいわれ大根のシャキシャキの食感で、さっぱりした味わいに。

なめろうは青じそに乗せてフランパンで焼いたり、蒸したりすれば「さんが焼き」と呼ばれる料理になります。刺し身が苦手なお子様には、この「さんが焼き」がオススメ! おつまみとしてだけでなく、ご飯のおかずにもぴったりですよ。

関連記事リンク(外部サイト)

絶賛進化中! 脱定番の技ありマカロニサラダ
世界中で大人気!! 日本発祥 「照り焼き」の人気レシピ
昆布だしから梅干しまで。ひと味違う和風パスタ

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP