体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【食文化魔改造】レトルトカレー専用☆カレーうどんの素【なぜ作った】

【食文化魔改造】レトルトカレー専用☆カレーうどんの素【なぜ作った】

f:id:Meshi2_IB:20160627113818j:plain

食文化魔改造に新たなアイテムが出現

諸説あるけど東郷平八郎が、イギリス留学時代に食べたビーフシチューを食べたいと舞鶴鎮守府でワガママいい、料理係が少ないヒントとありあわせの材料から作ってみたビーフシチューもどきが肉じゃがの原型、って話ホント好き。

このような「食文化魔改造」は日本のメシの特徴でもあります。

たとえばカツカレーは「イギリス経由でやってきたインドのカレー」と「フランスのコートレットあるいは、ドイツ、オーストリアのシュニッツェルが日本で魔改造されてできたトンカツ」の悪魔合体でありながら、完全な日本の食事となっています。コンゴトモヨロシク。

そんな食文化魔改造の極北は、なんといっても「カレーうどん」でしょう。

イギリス経由のインド料理がコテコテの日常食として、日本のソバ屋さんやうどん屋さんの定番メニューとなっているのです。

あとまあ、夜食というか少ない手数でそれなりにおいしく作れるので便利ですよね。湯通ししたうどんにレトルトカレーをバシャーとかければできあがりですもの。

そんなレトルトカレーで作るカレーうどんに、専用のだし汁ができたという。だったら試してみたいのが人情です。

f:id:Meshi2_IB:20160627113813j:plain

YK STORESと北九州のごとう醤油とのコラボアイテム「レトルトカレーをカレーうどんにする素」(580円)です。

f:id:Meshi2_IB:20160627113756j:plain

太陽に透かしてみれば出汁の素材がぎゅっと濃縮されているのが見えるじゃないですか。うまそう。

それではいい感じの写真も撮れたことですので、近所の公園をあとにしたいと思います。

カレーうどん作りがちょろい

f:id:Meshi2_IB:20160627113757j:plain

帰宅してラベルを確認。原材料にはかつお節、昆布、しいたけと、出汁として優秀なスタッフが名を連ねています。

f:id:Meshi2_IB:20160627113758j:plain

この「レトルトカレーをカレーうどんにする素」。若干のとろみがついています。うまそうな演出であり、実際にうどんに絡みやすいという効果もあります。このへん絶妙。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。