ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カテーテル超高濃度抗がん剤療法 副作用減で体の負担を軽減

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 36万8103人――日本で2014年にがんで死亡した人の数だ。死亡者数は年々増加し、同時に罹患者数もまた増加の一途にある。

 しかし希望はある。今、世界中で新薬や新治療法が次々と生まれ、医師たちの間では、「早期発見すれば治らないがんはない」という声もあがる。

 抗がん剤は、点滴投与やカプセルなどの内服が一般的。しかし現在、新種の抗がん剤治療法として、「カテーテル超高濃度抗がん剤療法」が注目されている。最大の特徴は、「ピンポイント攻撃」が可能になったことだ。

 直径1~1.5mmほどのカテーテルを太ももの付け根から大動脈に挿入し、がんの至近距離から高濃度の抗がん剤を注入する。がんの特性に合わせて選んだ抗がん剤をピンポイントで注入できるため、従来の投与法より大きな効果が期待できる。吹田徳洲会病院がんカテーテル治療センター長(大阪府吹田市)の関明彦医師が言う。

「従来よりも少ない抗がん剤の注入ですむため、副作用のリスクを極力抑え、体の負担を軽減できるというメリットがあります」

 この治療法の特徴は、高濃度の抗がん剤でがん細胞を攻撃するだけではない。

「がん細胞は生きていくために血液を栄養とします。この治療法はカテーテルから抗がん剤と共にビーズと呼ばれる新規塞栓物質を注入し、血液の流れを低下させる。いわば、“兵糧攻め”を施してがんの成長を食い止めます」(関医師)

 カテーテル療法は、原発巣(最初にできたがん)にも転移巣(転移したがん)にも効果がある。他のがん治療と併用し、治療全体の効果を上げることも可能だ。

 医学の進歩により、放射線治療の効果は大幅に向上したが、その一方で弱点も残る。がん細胞は増殖するために多くの酸素を使うので、成長するほど細胞の周囲で酸素が欠乏する。ところが、放射線治療の効果は細胞の酸素量に左右される。がんが大きくなるほど治療効果が低下するのだ。

 この難問を克服するために考案された画期的な方法が、オキシドール(過酸化水素)の注入である。発案した、加古川医療センター(兵庫県加古川市)の小川恭弘院長が説明する。

「腫瘍にオキシドールを注入すると酸素が満たされ、放射線治療の効き目が高まりました。しかし、この施術は患者が激痛に見舞われる上、オキシドールは短時間で拡散します。そこで、しわ取りなど美容に使われるヒアルロン酸を混ぜて注入したところ、オキシドールが患部にとどまり、痛みが和らいで効果が持続することがわかったのです。患者の大半は乳がんですが、肝臓や腎臓などのがんでも利用されています」

 2006年から国内で臨床試験が始まり、これまで500例以上が実施された。現在、医療保険適用を目指し治験を繰り返しているが、100例以上の乳がん患者を治療した施設では、全症例で手術をしなくてもがんの局所制御ができたという。

「全身がん」を宣言した樹木希林(73才)や、本誌でがん闘病を報じた元横綱・千代の富士の九重親方(61才)が利用し、注目されているのが放射線の「四次元ピンポイント照射」だ。

 X線や重粒子線などを照射してがん細胞を死滅させる放射線治療では、がん細胞の周辺にある正常な細胞まで攻撃してしまい、体に悪影響を与えるケースが心配される。どうやってピンポイントでがん細胞を攻撃するかが長年の課題だった。

 この宿命的な問題をクリアしたのが、「四次元ピンポイント照射」である。

「これまでの三次元に“時間軸”を加え、呼吸によるズレに合わせて角度を少しずつ変えて放射線を当てるため、がん細胞を正確に狙い撃ちできます」(医療ジャーナリストの藤野邦夫さん)

 現在は限られた病院などでしかこの療法を受けることはできない。

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
口腔がん 飲酒や喫煙、その他ウイルスなどを因子として発症
がん治療最前線の温熱療法「専門医が知らない」で設置率5%
去勢抵抗性前立腺がんに2種の経口新薬が保険承認で効果期待

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。