ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夢の求人!?アメリカ中の「ビール」を詳しく調べるお仕事。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。

求人を出したのは、同国を代表する研究機関でもあるスミソニアン博物館。聞いただけでもワクワクする職業!一体どんな内容なのでしょうか?

ビールの歴史を
徹底調査!

同館が公開したリリースによれば、業務内容は、調査を行って、文献・写真・証言などを収集、アメリカの産業や雇用との関連性などを踏まえ、その歴史を記録していくというもの。

これは、アメリカの食文化を伝えるプログラム「Smithsonian Food History」の一環です。そこでは、コーヒーやワイン、パン、チーズなどなど、近年“アルチザン(職人系)”と呼ばれて注目されているようなものがたくさん。そこで3年間、ブルワリーについて調べるというワケ。「ABC News」によれば、同国で運営されているものだけ数えてもおよそ4,200件。やりがいは十分!

応募条件には、学術調査経験、専門家と一般向けの論文執筆経験、物質文化の知識やビジネス、ブルーイング、食品、文化、に関係する学位を有していることなどなど。さすがに簡単ではなさそうです。年俸は$64,000(約650万円)とのこと。

各地をまわってビール三昧ーーとは明記されていませんが、好きな人にとってはたまらない職業になるはず。その他の詳細はコチラから。

Reference:Smithsonian,ABC News,

関連記事リンク(外部サイト)

NASA宇宙飛行士を調査してわかった「マルチタスクを円滑にこなす秘訣」。
海を愛するブルワリーだからこそ実現した、ウミガメに優しい「ビール革命」って?
「本当にやりたい仕事」を見つけた人が実践した、4つの方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP