体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「むく材」「珪藻土」… 自然素材の手入れはどうすればいい?

「むく材」「珪藻土」… 自然素材の手入れはどうすればいい?

素足に心地よいむく材の床、調湿効果のある漆喰(しっくい)や珪藻土などの塗り壁。魅力的な自然素材だが、“呼吸”しているものだけに、キズがつきやすかったり、季節によって伸び縮みがあったりと独特な性質をもっている。上手に付き合い長持ちさせるために、自然素材の手入れのポイントを紹介しよう。

普段は特別な手入れが不要なむく材

一般的に使われるフローリング材には、「複合フローリング」と「むく材」がある。複合フローリングは合板などの基材に薄い板やシートを張り、ウレタン塗料などで厚い塗膜をつくって保護している。一方、むく材は自然系のオイルやワックスを染み込ませ、厚い塗膜をつくらない。素足に心地よいのは木に直接触れられるためで、調湿効果もあり、冬場は温かく、夏場はべたつかず爽やか。だが半面、キズがつきやすかったり、季節によって伸び縮みが発生したりすることがある。

普段は、掃除機をかけたり、から拭きしたりと、ふつうに掃除が可能。ときどき、天然成分の拭き掃除用のワックスをかければ、より長持ちする。とはいえ多少のキズは、それも味わいのひとつと割り切って、おおらかに構えるのが、むく材との上手な付き合い方だ。

そのほか床が凹んだり、壁が汚れたりしたときの補修方法は下記を参考にしよう。

(1)凹んでしまったらアイロンが役に立つ

ものを落としたり、椅子を引きずったりして凹みができることがある。そのときには凹んだ部分にぬれ布巾を置いて水を含ませ、その上からアイロンをかければ元に戻る。【画像1】ぬれ雑巾の上からアイロンをかける(イラスト/水谷慶大)

【画像1】ぬれ雑巾の上からアイロンをかける(イラスト/水谷慶大)

(2)しょうゆなどをこぼしたらぬるま湯で拭く

しょうゆ、ソース、油などを床にこぼしてしまっても、すぐに拭けば落ちる。落ちにくければ中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸す、よく絞った布巾で拭くようにしよう。ベンジンを使ってもよい。【画像2】ぬるま湯またはベンジンで拭く(イラスト/水谷慶大)

【画像2】ぬるま湯またはベンジンで拭く(イラスト/水谷慶大)

(3)床が盛り上がってきたらリフォーム会社に相談を

むく材はよく乾燥させたものを用いないと、夏場に湿気を含んで木の幅が広がって盛り上がってくることがある。しばらく様子を見て、自然に元に戻らず生活に支障が出るようならリフォーム会社に相談を。

【画像3】気になる場合はリフォーム会社に相談(イラスト/水谷慶大)

【画像3】気になる場合はリフォーム会社に相談(イラスト/水谷慶大)

塗れば元どおりになるのが「塗り壁材」

漆喰や珪藻土はコテの使い方しだいで表情が変わるなど、手塗りの味わいがあり、かつ内部に穴を多くもつという素材の特性によって調湿機能が高いのが特徴。室内の空気を吸って吐き、湿気をコントロールしてくれる。汚れても、塗れば元どおりに戻るので、普段の汚れもそれほど気にしなくてよいが、日常的なメンテナンス方法も覚えておこう。

(4)壁についた手あかなどはサンドペーパーでこする

子どもが手あかをつけたり、こすってちょっとした汚れがついたりしたときは、消しゴムを使ってみる。それでダメだったら、サンドペーパーを木片などに巻きつけてこすってみよう。【画像4】サンドペーパーや消しゴムでこする(イラスト/水谷慶大)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。