ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【本場の激ウマ料理】南インドのグルメ探訪 〜カジュアルフード・ティファンの王道4選〜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さくっと食事をとりたいときや小腹が空いたとき、南インドでは一体どんな軽食が食べられているのでしょうか?

「すすり飲む」という意味のティファン(tiffin)とは、インドにおける軽食のこと。南インドで食べた、お気に入りのティファンをご紹介します。

・南インドの王道粉もの料理

米や豆の粉でつくるドーサ(dosa)は、南インドにおける“食事系クレープ”。添えられるサンバルという野菜のスパイシー煮込み(カレー)やチャトゥニーというペースト状のスパイスと共にいただきます。

サンバルやチャトゥニーにつけ、生地をしっとりさせて味わるのも一つ、手でくだいてスナック感覚でそのまま食べるのも美味しいです。

しっかり食べたいときは、ごろっとジャガイモが入ったマサラドーサをどうぞ。これはカレーなどのスパイスで味付けしたジャガイモを、ドーサで包んだものです。

ドーサを割りくずしながらいただくと、「ぱりぱり」「ホクホク」と食感が軽快で、最後まで飽きずに食べられます。

・スパイシー! 甘くないドーナッツ

ワダ(Vada)は米、ケツル小豆(日本のもやし豆)を使った生地をカレーリーフやコリアンダーリーフ、青唐辛子、生姜、塩などで味付けして揚げたものです。

チャトゥニーをつけて食べるのが現地流ですが、生地自体はカレー味、複数のスパイスが奏でる独特の風味も美味しく、旅行中はこのまま食べるのを筆者は好んでいました。ホテルの朝食にもよく提供される一品です。

・パンケーキ? 蒸し焼きのふんわりパン

写真左の真白でまぁるい形のイドゥリ(Idli)は、米や豆の粉をまとめた生地を蒸し焼きにしたもの。ほんのり塩を加えただけのプレーンな味つけは、こちらも基本的にサンバルやチャトゥニーと共に食べられます。

素朴なメニューに見えるイドゥリ、実は10世紀に出された百科事典にも出てくる、歴史ある南インド料理です。

・おじやとピラフの中間。栄養たっぷりの定番朝食

トロッとした見ためのウプマ(upma)は粗挽きのセモリナ小麦粉を炒り煮したもの。スパイスに玉ねぎや人参、複数種の豆をターメリックやカレーリーフで炒めて、最後にカシューナッツを加えます。

お粥のようですが、豊富な具材を使うので食べ応えもばっちり。スパイスも香りづけ程度のやさしい味付けでほっとします。

南インドのティフィン、いかがでしょうか? 耳慣れないメニューでも、軽食ならいろいろ挑戦しやすいですよね。なにかにディップしたり、そのまま食べてみたり…好みの食べ方をさがしてみましょう。

もっと詳しく読む: 南インドのグルメ探訪 〜カジュアルフード・ティファンの王道4選〜(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/08/01/india-food/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。