ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【20~30代ビジネスパーソン550人に聞いた】仕事のための「自己投資」、何にいくら使っている?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐ夏休み。「特に何もする予定がない…」というあなたは、旅行費用を払ったつもりで、ビジネスやキャリアアップに役立つような「自己投資」をしてみるのもいいかもしれません。

そこで、20~30代のビジネスパーソン500人を対象にアンケート調査を実施。ビジネス力アップやキャリア構築のための「自己投資」として、どんなことにいくら使っているかをたずねてみました。

<アンケート概要> 対象:首都圏で会社に勤務する20~30代の男女。回答数:554名 期間:2016年7月


●仕事のために「自己投資」をしている人は約6割

ビジネス力アップやキャリア構築のために「自己投資をしている」と回答した人は554人中323人と約6割。「している」という人の1年間の投資金額は「1万円未満」(86人)「1万~5万円未満」(82人)で約半数を占めています。「5万~10万円未満」は42人と全体の1割強。以下、「20万~30万円未満」(17人)「30~40万円未満」(12人)「40万~50万円未満」(13人)と続きます。「50万~100万円未満」の間と回答した人は37人、「100万円以上」という人も数人見受けられました。

●ビジネス&キャリアのための「自己投資」トップ5

20~30代ビジネスパーソンはどんなものに自己投資しているのでしょうか。

その内容と理由とともに、トップ5をカウントダウンでご紹介します。

5位 セミナー、研修、ビジネススクールを受講(20人)

社外のセミナーや講座への参加費、ビジネススクールの受講料など。 「人間関係を円満にしようと心理学のセミナーを受講」(38歳・女性・投資額1万円未満) 「コミュニケーション能力を高めるセミナーに参加している」 (26歳・女性・投資額1万~5万円未満) 「営業統括の仕事にあたり、戦略を立てるために必要な企画立案のため、また視野を広げるために外部研修を受講している」(33歳・男性・投資額1万~5万円未満) 「大学の社会人コースで聴講している」(29歳・女性・投資額1万~5万円未満) 「企画部門からマーケティング部門に異動したのを機に、新しい知識をセミナー、スクール、書籍などで仕入れている」(30歳・女性・投資額10万~20万円未満) 「いずれ起業するための勉強として、ビジネススクールに通学。ビジネス書も月2~3冊購入」(30歳・女性・投資額10万~20万円未満)

4位 身だしなみを整える(22人)

「見た目の第一印象をよくするため」「お客さまに不快感を与えないため」が理由。

大きく分けると「服の購入」と「清潔感を保つ」に分かれるようです。 「清潔感を保つため、スーツはこまめにクリーニングに出す」(33歳・男性・投資額1万~5万円未満) 「毎年スーツを新調。ヘアケアもまめにしている」(37歳・男性・投資額5万~10万円未満) 「お客様に直接会うので、ヘアなどの身だしなみを整える。ファッション雑誌も勉強のためにかなり読んでいる」(32歳・女性・投資額10万~20万円未満) 「上等なスーツを購入」(35歳・男性・投資額10万~20万円未満)

服装に気を配るほか、

「見た目の印象も重要なので、体を引き締めるためジムでトレーニングをしている」(34歳・女性・投資額1万~5万円未満)

という声も。

3位 資格取得のための学習(32人)

資格取得のための教材費、資格対策スクールの受講料など。現在担当している業務に関連する資格を目指すほか、転職を見込んで異分野の資格取得を目指す人もいました。 「医療系の資格を取得して自分の価値を高めたい」(35歳・男性・投資額1万~5万円未満) 「現在は販売職だが、将来を考え、宅建士の資格スクールに通っている」(38歳・女性・投資額10万~20万円未満) 「国家試験の受験資格取得のためにスクールに通学中」(25歳・女性・投資額20万~30万円未満)

2位 英語力を磨く(33人)

ビジネス現場で英語を使うことを目的に英会話スクールに通って勉強している人は、年間投資額が10万円を超えるケースも多数見られました。 「会社勤務だが店舗も併設しているため、店舗に出てサポートすることも。外国のお客さまとも接するので英語の日常会話を勉強している」(35歳・女性・投資額1万円未満) 「海外店舗でのスタッフになるべく、語学レッスン。日本文化の勉強も併せてしている」(39歳・女性・投資額5万~10万円未満) 「教養を身に付けるため英語を勉強しており、英字新聞も買って読んでいる」(33歳・男性・投資額10万~20万円未満) 「今は日系企業に勤務をしていて英語力は必要ではないが、チャンスがあれば外資系企業に転職するか海外で働きたくて英語を勉強している。真剣に勉強するスクールに通っており。TOEICフルスコアを狙っている」(34歳・女性・投資額30万~40万円未満)

1位 書籍・雑誌で知識を習得(50人)

知識・スキルアップ手段としてもっとも手軽なだけに、ビジネス誌やビジネス書を購入している人は多数。その金額は1万円以下から10万円以上まで幅がありました。その目的も「専門分野の知識を深める」「幅広いジャンルを読んで見識を広げる」など、人によってさまざまでした。 「情報収集のため、ビジネス誌の公式サイトはくまなくチェックし、気になる記事があれば月1冊程度購入」 「営業のスキルを磨きたいので、ビジネス書を月に5冊以上は読む」(31歳・男性・投資額1万円未満) 「システムエンジニアなので、技術力向上のために技術関連図書を購入している」(30歳・男性・投資額1万~5万円未満) 「いろいろなジャンルの本を読む」(29歳・女性・投資額1万~5万円未満) 「情報収集のため、ビジネス誌・書籍は毎年50冊以上購読している」(38歳・女性・投資額10万~20万円未満)

トップ5以下で多いのは「人脈作り」「体力維持・増強」など

トップ5には入りませんでしたが、人脈作りを目的とした交流会参加費や、体力増強のためのジム通いの費用を挙げる人も複数いました。 「人とのつながりが大切なため、飲み会があればなるべく顔を出す」(23歳・男性・投資額20万~30万円未満) 「起業を考えているため、人脈作りの会に参加したり、資格を取得したりしている」(31歳・女性・投資額10万~20万円未満) 「元気で働くには健康維持も大切。定期的にヨガに通っている」(32歳・女性・投資額5万~10万円未満)

このほかには次のようなものに投資している人も見られました。 「同業他社の店舗を自己資金で利用。自社の店舗運営の参考にしている」(35歳・男性・投資額40万~50万円未満) 「クリエイターとしてのスキルアップやインプットのために、よく美術館へ出かけたり、アート関連の資料を購入して眺めたりしている」(28歳・女性・投資額1~5万円未満) 「仕事でゴルフをする機会があるため練習に通っている」(25歳・女性・投資額1~5万円未満) 「ITスキルを得るため、個人で新たな情報機器を購入して使用している」(38歳・男性・投資額1~5万円未満)

――わずかな自己投資でも、それがきっかけで大きな成長につながったり、チャンスをつかむ糸口になったりすることも。無理のない範囲の金額から始めてみてはいかがでしょうか。

EDIT&WRITING:青木典子

関連記事リンク(外部サイト)

今、田中角栄がブーム!人を惹きつける「今太閤」の言葉とは
【30万円で始められる!?】“脱サラ農業”が今、人気のワケ
全国1200ヵ所設置、保育料は平均約6000円!「ヤクルト保育」が愛され続けるワケ

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP