体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

強がりじゃない? 1人でも楽しい「ソロ充」メシ3選!

f:id:Meshi2_IB:20160722230701j:plain

こんにちは、メシ通編集部です。

誰かと過ごすことだけがリア充ではない。孤独ながらもコツコツと何かに取り組み、充実した休日を過ごす「ソロ充」活動で「あえて手間のかかることをわざわざ1人でやってみる充実感」を手に入れよう!

ということで、『メシ通』にこれまで投稿された記事から選りすぐりの3つをご紹介します。

まずは「生すじこほぐし」なる聞いたことのない「ソロ充」に、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

【超簡単】自家製イクラ大量生産のための「生すじこほぐし」ベストアイテム実証実験

f:id:hotpepper-gourmet:20160801150043j:plain

通常、イクラ醤油漬は100gあたり900円から1,000円の末端価格、いや小売価格で取引されているのですが、この時期に出回る鮭の卵つまり生筋子(なますじこ)は100gあたり約500円という価格

おおむね半額です。

生すじこからイクラ醤油漬を生成する方法は、いたってシンプル。

①生すじこをバラす

②3%くらいの食塩を溶かしたぬるま湯で洗う(ほぼ海水と同じ塩分濃度)

③漬けだれに小一時間つけて完成(できればひと晩は漬けたい)

しかし、①の「生すじこをバラす」が最も苦労するポイント。

いくらを潰さずにすじこをバラす方法を筆者が調べたところ、

鮭が捕れる地方の人たちは「ラケット」を使っているらしいじゃないですか。

……ということで、このあとラケットでの「すじこほぐし」にトライするのですが、この記事では「果たしてラケットが最強なのか!?」という疑問を元に、「餅焼き網」「泡立器」を使ってバラしていきます。果たして結果は……

お次の記事は、ソーセージを手づくりしてみる、という地味に手間のかかるもの。

達人直伝! 初心者でも簡単な自家製ソーセージの作り方、完全マニュアル!

f:id:Meshi2_IB:20160725131902j:plain

羊の腸に肉詰めしたあと、ボイルせずに生のものをそのまま焼いて食べるソーセージ

を作っていきます。

材料はこちら。

f:id:Meshi2_IB:20160725132028j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。