体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

読めない街の「らくがき」をきれいに清書してみたら・・・

建物の壁面や商店のシャッターにスプレーやフェルトペンでなぐり描いたグラフィティ(文字だけのものはタギングとも)を読解するのは至難の技。あえて読みにくく描いているとさえ思えてくる。だからこそ単なるらくがき感が強調され、美観を汚すものとして嫌われもする。

では、もしもそれが誰でも読みやすい書体で描かれていたらどう?もちろん、らくがきなことに変わりはない。けれど、整然と並んだ文字の羅列を見ていると、あまりノイズに感じられないのはなぜだろう。

らくがきを「上書き」すると
誰の目にもノイズにならない

読めない文字に着目したのがフランス人のMathieu Tremblinさん。彼は、街に描かれたグラフィティを一度ペンキで消したあと、書いてあった文字を解読して、それを誰もが読みやすい字(楷書)に書き換えるプロジェクト「Tag Cloud」を、2010年より開始した。文字通りらくがきを「上書き」するアーティストだ。

たとえば、こんな感じに。
読めない街の「らくがき」をきれいに清書してみたら・・・
読めない街の「らくがき」をきれいに清書してみたら・・・
読めない街の「らくがき」をきれいに清書してみたら・・・
読めない街の「らくがき」をきれいに清書してみたら・・・

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Rue Montesquieu”. 2016. Lyon (FR).

1996年、10代のMathieuさんはノーマン・メイラー著『The Faith Of Graffiti』と出会う。ニックネームや所属するチーム名、怒りやスラングをスプレーに込めてなぐり描く。自身の存在意義を示そうとする文字は、根無し草のような彼らが示すアイデンティティそのものだと気付いたと言う。

Mathieuさんもスプレー缶を手にした。けれど彼には意図があった。
読めない街の「らくがき」をきれいに清書してみたら・・・
読めない街の「らくがき」をきれいに清書してみたら・・・

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Rue de Gaillon”. 2010. Rennes (FR).
読めない街の「らくがき」をきれいに清書してみたら・・・
読めない街の「らくがき」をきれいに清書してみたら・・・

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。