体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。

7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ、おもてなしの3つの要素を、現代に合せて進化させているのだとか。

畳や温泉、季節を感じる料理など、星のや東京が提供する「新たな日本旅館」。ここでは、こんなにも優雅な時間が堪能できるようです。

東京の中心で、
「日本旅館」を味わう

「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。

大手町とは思えないほどの静寂の空間。この玄関でまず靴を脱ぎます。

ほら、すでに日本旅館を感じるでしょ?だって、東京のど真ん中で「靴を脱ぐ」なんてこと、普通はありませんから。
「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。

これまで45回以上「星のや」に宿泊経験があり、「星のや東京」の最初の宿泊者となった高野仁さんも、この体験には驚きを隠せません。

「玄関で靴を脱ぎ、ほとんどが畳敷きの館内を素足や足袋で歩けます。エレベーターの中まで畳敷きだったので驚きました。都会とは思えないような静かな館内の畳の上を素足になりながら歩いていると、喧騒を忘れて非常にリラックスできましたね」。
「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。

限られた必需品と、清潔な寝具だけが整えられた清々しい客室「桜」。竹素材のクローゼットや障子が特徴的。
「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。

お茶の間ラウンジ

「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。

各階に設けられた「お茶の間ラウンジ」は、畳続きの客室から自由に行き来が可能。小さなライブラリーとデスク、ソファが揃っています。
「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。
「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。

ここは、時間や気候に合わせた「今日このひととき」にぴったりのお茶やコーヒー、お酒などを提供してくれる場所。味わいのみならず、日本の素晴らしさを居合わせた他の客と一緒に楽しむのも日本旅館の醍醐味でしょう。
「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。

空を縁取る露天風呂

「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。