ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いよいよ夏本番!ホテルや旅館の争奪戦ともオサラバ!? 手軽で快適なキャンピングカーライフのすすめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ夏本番!ホテルや旅館の争奪戦ともオサラバ!? 手軽で快適なキャンピングカーライフのすすめ

いよいよ8月に入り、夏の行楽シーズンもたけなわ。そうした中、近年、にわかにファミリー層の間で注目を集めるのが、いわゆる”車中泊“を中心とした旅行だ。一般に”車中泊”と聞くと、狭い車の中で体の痛みや窮屈さと戦いながらの”眠れぬ夜”を思い浮かべがちだがさにあらず…。実は近年、キャンピングカーを使っての”車中泊”ツアーが巷で流行している。

どこへでも気ままに移動でき、宿の手配をせずに好きな場所を宿にできる手軽さや、子供たちの思い出づくりという点から徐々に愛好者を増やし続け、それまで乗っていた普通車から、キャンピングカーへの買い替えを行うファミリー層も増えているという。

となれば、当然気になるのは、そうしたキャンピングカーの設備・仕様や、導入に際して必要なコストといった部分を含めた、”使い勝手”の部分である。

まず、設備について言うと、現在、流通しているキャンピングカーの場合、キッチンやベッド、トイレといった生活に必要な備品のほとんどは搭載されており、きわめて快適な居住性が確保されているのが実情だ。どのような車をベースにしているか、また、どの程度の費用をかけることができるかで、充実度は大きく異なるとはいえ、ハリウッド映画にしばしば登場するトレーラーハウスのように、「旅行」ではなく、一定期間の「居住」までできてしまうタイプのものも珍しくない。普通車における車中泊に比べて、すこぶる快適であるため、急に発生した災害時などの場合もきわめて有用と言えそうだ。

また、導入コストについては、大きくわけて(1)車両購入費用と(2)カスタマイズ費用の2つがその大半を占める。(1)購入費用について言えば、軽自動車をベースに、比較的コンパクトにまとめあげたタイプのほか、中古の商用バンを転用したものなど、お財布事情に応じて調整が可能である。(2)カスタマイズ費用についても、何百万もかけて、豪華クルーザーのようなラウンジ感溢れるものにすることも可能だが、簡易のベッドスペースを設ける程度であれば、数十万円でも実現可能。さらにDIYを趣味とするお父さんたちならば、自らの手でカスタマイズを行うことで、さらにコストを削減することができる。ちなみに、高倉健主演の映画『あなたへ』(12)では、主人公が妻の遺骨を胸に、彼女の郷里を目指して旅に出る様子が描かれているが、その中で高倉演じる英二は、愛車であるワンボックスカーをDIYで改造し、キャンピングカー仕様に改造していくシーンも登場している。

このように、広く一般に抱かれているそのイメージとは裏腹に、快適な旅と居住空間を実現できるキャンピングカー。たしかに、オートキャンプ後進国である日本では、欧米などに比べ、対応している施設はまだまだ少ないと言えるが、愛好者が増え続けることで、今後はこうした課題も改善されていくと考えられるだけに、気になるという人は、キャンピングカーのカスタマイズを手掛ける業者のサイトや、実物に触れることができるイベントなどで、その中身をチェックしてみると良いかもしれない。

文・中後沙耶

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

メイプル超合金・カズレーザーが名前の由来を告白して話題に 「そうだったのか!」
ジャニーズの彼女は「オバケ」である・・・!「熱愛報道」が許されるジャニーズと許されないジャニーズ
三浦翔平そっくり!『マツコ会議』に登場した原宿のカリスマイケメン美容師が視聴者の間で話題に 「男だけど惚れた」
これは珍しい!MLBで史上初のトリプルプレーが誕生!歴史初の3-3-5
東山動植物園のイケメンゴリラ、『ターザン』のポスターに起用される!園長「まさかハリウッド映画のポスターに起用されるとは・・・」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。