ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白熱! 松岡茉優VS渡辺直美 ラップバトル! 結果は!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の22時からの番組「AVALON」(日替わりナビゲーター:松岡茉優・KenKen・満島真之介・渡辺直美)。7月30日に「AVALON」初のイベント「AVALONサミットvol.1」が東京都内のライブハウスで開催されました!

ナビゲーターの4人が全員そろうのは久しぶりということで、松岡茉優、KenKen、満島真之介、渡辺直美の4人も大興奮! 今回のサミットは松岡茉優率いる「夢を捨てるな!FIGHTING DREAMERS」の主催ということもあり、参加者の夢を叶えるイベントとなりました。

まずは、事前に寄せられた「夢」を紹介し、4人それぞれがアドバイス。その中からごく一部を紹介すると、【ライブで活躍する、映像カメラマンかライブの照明スタッフになりたい!】という夢に対しては、

KenKen:とにかく、いろいろなライブを見に行ったほうがいいと思うよ。ライブは生モノだし、毎日同じ雰囲気でもないし。

満島:俺は、監督にホームページを通じてメールを送ったの。そしたら「本気か?」って聞かれたから「本気です」って答えて。それで仕事をさせてもらえることになったの。もちろん、何も分からなかったんだけど、何も分からない方がスタッフの言うことをよく聞くからよいと思う。あとはとにかくカメラを回すこと。

と、親身になって助言、提案しました。また「AVALON党首討論」と題して、4人それぞれがこの世界に入ったきっかけを語り合いました。渡辺は、元々漫才師を目指していたそうで、お笑い芸人の養成所で初めて披露したという貴重なネタ「美空ひばりのものまね」を再現!

松岡は、児童劇団に入ってからのことを語りましたが、その中で実はあの番組に出ていたことが判明しました。

松岡:私、小さい頃に「おかあさんといっしょ」に出たことがあるんです。

満島:俺、「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さんをやりたくて、「おかあさんといっしょ」で流れる歌を全部覚えたよ!

と、意外なつながりがあったことも分かりました。

続いては、「夢」を叶えるオーディションを開催。なんと音楽事務所、芸能事務所などさまざまな大手事務所の関係者が集結。「イイ!」と思ったら、その場で札をあげてもらう、夢のようなオーディションです!

今回はシンガーソングライターを目指す女性、お笑い芸人を目指す男性コンビなど4組が登場。また、KenKenが「緊張しないで楽しむこと。自分が日本で一番イケてると思ってやること」と、アドバイスを送る場面もありました。中でも、20歳の三浦琴さんは弾き語りを披露し、たくさんの札が上がり、感激していました!

そして、待望の「松岡・渡辺ラップバトル!」もついに実現。「いよいよ直接対決の日がやってきた!」ということで、渡辺直美は「生でボコボコにしてやる!」と、2日前にちょうど100キロになったという体を揺らしながら煽っていました。

お互いがフリースタイルでラップを披露。会場のボルテージが最高潮に達しましたが、そうなると困るのが判定です。

と、そこに、なんとスペシャルゲスト、けーごが登場! けーごは現在14歳。自分がいじめを受けた体験などをラップにした「13才のリアル」の動画が12万回以上再生されて話題です。

あまりの接戦にけーごは悩んでいましたが、判定により渡辺が勝利! けーごは「どちらもうまかったけど、渡辺代表は喋っている感じでラップをやっているところがカッコよかった!」と言いつつ、両者を讃えていました。

ラストはけーごが、普段は人前で披露しないというフリースタイルラップを披露! 最高に盛り上がったところで「AVALONサミットvol.1」は幕を閉じました!!

ここで紹介した以外にも、全員参加のクイズコーナーや、出演者全員のサイン入りTシャツ争奪じゃんけん大会など、盛りだくさんだった今回のイベント。またどこかの政党の“ヴァロン”が貯まったら、2回目のAVALONサミットが開催されるかもしれません! サポーターの皆さん、これからも「AVALON」の応援をよろしくお願いします♪

【関連サイト】
「AVALON」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

8月1日(月)のナビゲーターは松岡茉優。22時からの番組内でイベントの模様もオンエアします!

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP