ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スカパラ、“音楽に国境はない”リオのファベーラの子供達と再会セッション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リオ・デジャネイロのスラム街”ファベーラ”の中で結成されている小・中学生を中心とした“Fabela Brass”。スカパラは、昨年10月にファベーラをお訪れワークショップを行った。そしてまた今回、日本ブラジル共同制作ポップスコンサート「上を向いて歩こう〜Olha pro ceu〜」のイベントにてブラジルを訪れるということで、今度は子供達をスカパラのライブに招待し、再会を果たした。

プロのミュージシャンの楽器達に興味深々の子供達。「ドラム叩きたい人〜!」などと子供達がそれぞれに体験したい楽器の元へかけより、スカパラメンバーがレクチャー。もちろん子供達との会話はポルトガル語であるが、そこに言葉の壁は関係ない。

1人が曲のフレーズを演奏し出すと、そこにどんどんスカパラメンバーと子供達が音を出しあってアンサンブルしてゆく。まさに“音楽に国境はない“ということを体現する瞬間であり、最後に全員で前回訪れた時からの宿題となっていた「上を向いて歩こう」を演奏。

スカパラメンバーも前にあった時より格段に上手になっていると語り、子供達も「毎日練習してきた。」と答えた。

また、スカパラはサンパウロで行われたリオ・オリンピックの聖火イベントに出演。野外特設ステージの前を聖火ランナーが通る中、スカパラならでは「ホールインワン」や「PARADISE HAS NO BORDER」を演奏。大空には航空機がひこうき雲を作り、スカパラと聖火ランナーを盛り上げた。

また同じサンパウロでワンマンライブを決行し、初ライブにも関わらず1,000人のファンが熱狂した。サンパウロのワンマンライブでもエミシーダが飛び入り参加、突然のスターの登場にさらに観客が大熱狂した。

また、エミシーダは元々ファベーラ出身であり、スカパラのファベーラブラスとの関わり合いをリスペクトすると語っている。

Photo by Sony Music Brazil

Tokyo Ska Paradise Orchestra – Olha pro Céu(feat. Emicida)

リリース情報
ブラジル盤・逆輸入アルバム「TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA〜Selecao Brasileira〜」
2016年9月7日発売
(CD ONLY)CTCR-14913 2,200円+税

関連リンク

東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルサイトhttp://tokyoska.net
東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルYoutubeチャンネルhttp://www.youtube.com/tokyoskanet

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP