ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏にピッタリ!こだわりスパイス20種類のカレー専門店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月29日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、荻窪駅周辺を散策しながら人気商品を当てるコーナーの中で、江上敬子(ニッチェ)さん、近藤くみこ(ニッチェ)さん、山口もえさんが「すぱいす」(東京都杉並区)を訪れた。

同店は、東京メトロ丸ノ内線荻窪駅西口から徒歩1分ほどにあるオリジナルカレー専門店だ。

番組内では、インド風カリーライスのお店と紹介され、濃厚なカッテージチーズと日本ほうれん 草のペースト、ヨーグルトなどに漬け込んだ骨付きチキンを約20種類のスパイスを使ったカレーと一緒に煮込んで完成するメニュー「日本ほうれん草とカッテージチーズの骨付きチキンカリー」(1490円/税込み)が紹介された。スープの様なサラサラ感が特徴の本格派カレーだという。

山口さんが食べると「スルスルいけちゃう」「お野菜とスパイスを頂いてるっていう感じ」とコメント、続いて江上さんと近藤さんも「う~ん、美味しい」「お肉がスプーンでほぐれる」「お肉がカレーのソースを十分に吸っていて、これだけで一品料理っていう感じです」と絶賛した。

最後に、人気ナンバーワンのメニュー「牛すじとトマトのカリー」(1490円/税込み)が紹介された。人気の秘密として、牛1頭から800グラムしか取れないロース肉についている、ゼラチンとコラーゲンの塊だという背ロースの背すじという部位を使用して作られているという。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:すぱいす(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:荻窪のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カレーのお店紹介
ぐるなび検索:荻窪×カレーのお店一覧
老舗醤油店が作る自家製うどん
大正時代から続く伝統のビーフ&タンシチュー

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP