ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

M・ナイト・シャラマン監督の恐怖映画『Split(原題)』、ジェームズ・マカヴォイがかなり不気味

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ジェームズ・マカヴォイは、M・ナイト・シャラマンの恐怖映画『Split(原題)』の初トレーラーの中で、かなり不気味な複数の人格を見せている。

「世界はいま、この野獣が現実の存在であることを知る」と、彼の23人の人格のうちの1人が断言する。

また、彼の9歳の人格は「彼は人々にひどいことをする。君にもひどいことをするぞ」と警告する。

米ユニバーサル・ピクチャーズによる本作は、低予算映画のスペシャリストであるジェイソン・ブラムと彼のブラムハウス・プロダクションズがプロデュースする。アニャ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、そしてヘイリー・ルー・リチャードソンらが出演する。作品は、大きな損失に耐え、やむなく3人の10代の女の子を誘拐する男の姿を追う。

バックリーは、「こんな症例は見たことがない。ケヴィンの身体の中に23人の人間がいる」と言明する精神科医の役を演じる。

シノプシスによると、彼はまだ水面下にもう1人の人格を持っていて、それが姿を現すと、ほかのすべての人格を支配するという。

『Split(原題)』では、シャラマンとブラムが再びチームを組む。2人は昨年の映画『ヴィジット』でも共に仕事をした。

本作は、2017年1月20日に米劇場公開される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。