ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IIJmio、待望のプレフィックス「通話定額」サービスを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、格安SIM「IIJmio」において、国内の音声通話が定額で利用できる「通話定額オプション」の申し込みを8月3日より開始し、サービス提供は9月1日からを予定しているとのこと。
この通話定額オプションは、電話番号の先頭に特定の番号をつけることで、090~といった自局番号で発信できるプレフィックスタイプの通話サービスを用いています。プレフィックス番号を入力するか、専用アプリ「みおふぉんダイアル」から発信した場合、1回に3分以内の通話がかけ放題になる月額600円(税抜、以下同じ)のプランと、同じく5分以内の通話がかけ放題になる月額830円のプランの2種類が用意されています。両プランとも、家族間など同一契約者(ID)名義での通話においては、対象となる通話時間がそれぞれ10分以内と30分以内まで拡大します。

プラン 誰とでも3分 家族と10分 誰とでも5分 家族と30分
月額料金 600円 830円
1回の通話時間 通常3分以内、同一ID間10分以内 通常5分以内、同一ID間30分以内

 

また、IIJと提携して格安SIMを展開するビックカメラの「BIC SIM」においても、同様のサービスを展開するとのことです。この8月には「OCN モバイル ONE」が通話定額サービスの申し込みを1日より開始するなど、格安SIM各社において音声通話向けのサービス展開が加速しており、今後キャリアに代わるメイン回線としてのニーズをとらえる動きが活発化しそうです。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP