ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広島 早い復興のカギはお好み焼きと広島カープだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

〈71年前の雲一つない朝、死が空から降りてきた〉

 印象深い言葉で始まるオバマ大統領のスピーチは、世界中の人々の記憶に残るものだった。原爆投下の「あの日」から71年。広島の街は見事に復興を遂げた。その象徴は「お好み焼き」「広島カープ」「広電」なのだそう。さらに、今年は原爆ドーム、嚴島神社の世界遺産登録20年目。世界中が注目するこの街の“今”を旅する。

 被爆後「今後75年は草木も生えないだろう」と言われた広島。驚くほど早い復興を可能にしたのは、交通網の回復と庶民の胃袋を満たした「お好み焼き」。そして、“生きる希望”を与えた「広島カープ」だった。

 様々な人種、年齢の人びとが行き交う平和記念公園。爆心地からわずか数百m、71年前には“地獄”と化した場所には今、平和そのものの光景が広がっている。

 近くの原爆ドーム前電停から路面電車に乗った。被爆3日後に“一番電車”を運行し市民に希望を与えた「広電」だ。所々火の手が上がる街を、そろそろと歩くように運行したという電車はいま、力強いモーター音を響かせながら石畳の軌道を進んでいく。

「成人男性はみな戦地に赴いていたため“一番電車”の運転士は16才の山崎政雄さん、車掌は広島電鉄家政女学校の生徒でした」と、広島電鉄総務部・日松一雄さん。

 1950年に誕生した「広島カープ」は、娯楽が少なく貧しい時代に、熱狂的に受け入れられた。球団創設時からのファン“元祖カープ女子”草田カズヱさん(86才)は、15才のときに爆心地から㎞の地点で被爆、両足の太ももから指先まで大やけどを負った。

「当時は被爆した女性を差別する人も多くて。私は娘盛りにミニスカートをはくこともできず、結婚して子どもができても海水浴につれていけなかった。主人と行く野球観戦だけが楽しみでしたよ。選手のがんばりに生きる希望をもらいました」と話す。

 市民の心を支えたのが広島カープなら胃袋を支えたのは「お好み焼き」だった。

「戦後は食べるものがなかったから、安くて腹いっぱいになるお好み焼きが重宝されました」と、広島お好み村組合の河口富晴理事長(83才)。

「街が復興していくにしたがってお好み焼きの具材も増えてねぇ。肉や卵、そばが当たり前になったのは1970年代かな。今は海鮮やらチーズやら…、外国人にも受けるトッピングを各店で工夫していますよ」と笑う。

 戦後、見事に蘇った広島の街。復興を支えた広電、広島カープ、お好み焼きは、今もこの街を支え、訪れる旅人を魅了する。

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
お好み焼き ふっくら焼くにはヘラでたたいたり、押さえたりしてはダメ
広島グルメ お好み焼きに続く新定番は汁なし担々麺
キムチ、ナポリタン、ツナコーン…でアイディアお好み焼き

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。