ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

出口治明氏 「トランプ発言は日本の地位低下の表われ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「日本は特別な国だ」と、私たちはどこかで思い込んでいる。だから、世界情勢の話題が他人ごとにしか思えない。だが、そうした思いこみから日本人は世界の流れを見誤り、失敗を重ねてきた。新刊『世界史としての日本史』(小学館新書)で初対談した半藤一利氏と出口治明氏が、共和党の大統領候補、ドナルド・トランプ氏の発言から日本と米国の関係について語り合った。

出口:共和党の大統領候補になったトランプ氏の発言を聞いていると、歴史は振り子のように振れながら進むものだということを改めて思い知らされます。

半藤:トランプ氏は、米国に日本を守る義務はない、自国さえ良ければいいという一国主義に戻ろうとしていますね。

出口:ベトナム戦争の後も同じように、米国は厭戦気分から一時的に一国主義に振れました。そこから逆に振れて「9.11」の後で外に出て行くようになったんですが、アフガン、イラクで泥沼にはまると、また「世界の警察官を気取っているから、こんなことになるんだ」という人が出てきた。常に振り子なんですね。

半藤:米国の一国主義は、第二次世界大戦前にモンロー大統領がヨーロッパとの相互不干渉を提唱した「モンロー主義」にまで遡ります。ただし、これを真に受けてはいけない。当時の日本は、米国はモンロー主義だから参戦してこないと信じて南進した。ヒトラーも信じていた。しかし、いざとなったら米国は出てきて、日本もドイツも叩きのめされたわけです。

 今の国際情勢を考えても、モンロー主義に徹しきるのは不可能です。そもそもトランプ氏が大統領になったとして、その過激な政策を認めるほど米国の議会はヤワじゃありません。

出口:トランプ氏の過激発言は選挙向けですしね。しかしなぜ彼が、日米同盟を軽視する発言をするかというと簡単な話で、日本の地位が低下したからです。

半藤:まったく同感です。

出口:バブルの頃、日本のGDP(購売力平価)の世界シェアは8.9%だったのが、今は4.5%と半減しています。世界一の経済大国・米国と2位の日本の同盟だったからこそ価値があったわけで、提携相手が半分の規模になったら価値は失われます。もう一つは、冷戦時代、日本は対ソ連・中国で不沈空母としての役割を果たしていたのが、冷戦が終結して役割を終えたことです。

半藤:ところが、米国から見て日本の価値が下がっていると意識している日本人は少ないですね。

出口:おっしゃる通りです。もし日米同盟を堅持したいのなら、国を動かす中枢の人々との人間関係が非常に重要です。しかし、日本から米国への留学者はかつて4万~5万人だったのが、今は2万人を切っています。一方中国から米国への留学者は、3万人程度だったのが、今は23万人にまで増えている。日本より中国のほうが、米国と仲がいいのではないかと思えるほどです。

半藤:すごい数ですね。

●でぐち・はるあき/1948年、三重県生まれ。京都大学法学部を卒業後、日本生命に入社。現在はライフネット生命保険代表取締役会長兼CEO。著書は『「全世界史」講義』I、II『生命保険入門 新版』『直球勝負の会社』など多数。

●はんどう・かずとし/1930年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。文藝春秋に入社し、「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役などを経て作家に。著書に『日本のいちばん長い日』『ノモンハンの夏』『昭和史』『日露戦争史』シリーズなど多数。

※週刊ポスト2016年8月12日号

【関連記事】
野村證券 「トランプ不況」をリスク要因としてみなさず
トランプ氏 超格差社会から目そらさせ日中を悪者にする作戦
中国でトランプ氏支持者急増!? 現地ファンクラブ管理人を直撃

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP