ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

知らなきゃ損!干したほうがおいしくなる野菜がある

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
知らなきゃ損!干したほうがおいしくなる野菜がある

野菜の保存方法と言えば、冷蔵か冷凍、冷暗所といったところが多いと思います。調理の仕方も、サラダや煮物、炒め物、蒸し物、揚げ物などに分かれますが、実は「干す」という方法は保存の意味でも調理の意味でもメリットがたくさんある方法なんです。

キノコ類は全部干してOK

干しエノキや干ししいたけが有名ですが、キノコ類は干すことで旨味が凝縮し、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが大幅にアップします。もともと食物繊維やビタミンB類が豊富で低カロリーの食品ですから、ダイエットにももってこい。石づきを取り除いて軽くほぐし、2時間~半日ほど天日で干します。食べる時はそのまま調理するか、水で戻すときには戻し汁ごと使うと旨味UPに。

根菜類は干した方が甘くなる

干すことで青臭さが抜けて甘みが強くなります。酵素が活性化し、旨み成分も多くなるので美味しくなりますよ。火の通りも早くなるので調理が楽に。にんじんは薄切りにするか輪切りでOK。少し黒くなっても大丈夫です。ゴボウも薄く削ぐか乱切りで。れんこんも薄切りにして。そのままカラリと揚げれば野菜チップスになりますし、煮物にする時にも煮崩れせず旨味がギュッと出て美味しい。半日程度の天日干しで完成です。カラカラに干しすぎると美味しくないので、半乾燥くらいがちょうどいいそうです。

ネギ、ニンニク、ショウガは干せば手軽な薬味に

薬味や下味に使う香味野菜は、調理で使う薄切りやみじん切りにして半日から2日程度乾燥させます。三つ葉やパセリも乾燥させることで汁物や料理の仕上げにパッと使える便利野菜になります。香味野菜ではありませんが、パプリカも切って乾燥させれば鮮やかな色はそのままに、甘みが強くなりサラダにもそのまま使えます。トマトも甘みと旨味が凝縮されて調理に使いやすくなりますよ。

基本は乾燥している時の天日干しが理想ですが、レンジ干しやオーブン干しもできます。切った野菜をお皿に並べてレンジで7~8分チンすればできあがり。オーブンの場合は100℃の低温で20分~30分加熱します。半乾燥の野菜はキッチンペーパーに包んで冷蔵庫で5日程度、完全乾燥の野菜は3週間程度は保存がききます。栄養や旨味が増えて食感も変わる干し野菜、お休みの日に作ってみませんか?

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。