体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アイプチ」ユーザー必見!自然な二重を作るコツとトラブルを避ける注意点

「アイプチ」ユーザー必見!自然な二重を作るコツとトラブルを避ける注意点

手軽に二重まぶたが作れることで人気の「アイプチ」ですが、「取れやすい」「見た目が不自然」というのが、これまでのアイプチ愛用者の悩みでした。

今回は、自然で長持ちするアイプチのテクニックを中心に、アイプチ愛用者が知りたい情報をまとめてお届けします!

基本中の基本!アイプチの使い方をおさらい

最初からメイクが上手な方がいないように、アイプチもなれないうちは失敗がつきものです。まずは知っているようで実はよく知らない、アイプチの基本の使い方をご紹介します。1)アイプチを塗る前に、まぶたに付着した皮脂や汚れをコットンで優しくふき取りましょう。このひと手間で、アイプチのもちが断然アップします。アイプチの効果的な使用方法 アイプチずっとしてたら二重になる?_022)プッシャーをまぶたに軽く押し当て、これから作る二重のラインを決めます。3)二重のラインが決まったら、ラインを中心に4~5mm幅のだ円を描くようにアイプチを薄く塗ります。4)アイプチが乾いて半透明になるまでは、薄目の状態をキープしましょう。5)アイプチが乾いたら、二重のラインの中央(黒目の上あたり)にプッシャーを軽く押し当て、目を開けます。アイプチの効果的な使用方法 アイプチずっとしてたら二重になる?_036)プッシャーをゆっくりと外します。7)目頭や目尻にプッシャーを何度か押し当て、二重のラインの形を整えれば完成です。アイプチの効果的な使用方法 アイプチずっとしてたら二重になる?_04

初心者は、練習あるのみです!アイプチを塗る範囲やプッシャーを当てる角度を変えたりしながら、自分にベストなやり方を見つけてくださいね。

アイプチがバレない!自然で長持ちする4つのポイント

基本の次は応用です。周りにアイプチを使っていることがバレない、自然で長持ちする4つのポイントをご紹介します。【POINT1】二重幅が広すぎると不自然!理想よりも少しだけ幅をせばめるよう。

二重の幅を広げすぎると、皮膚の接着面がせばまって取れやすくなるだけでなく、常に半目の状態になるため、見た目も不自然です。自分の理想よりも少しだけ二重の幅をせばめるように心がけましょう。【POINT2】天然二重にみせるなら、二重の形は末広型に!

二重の形には、目頭から目尻までの幅がほぼ一定の『並行型』、目尻にかけて幅が広がる『末広型』の2つがあります。日本人は末広型が圧倒的に多いので、天然の二重にみせるなら末広型が断然おすすめです。【POINT3】二重ラインのすべてにアイプチを塗らない!目頭と目尻は1~2mm残す!

二重ラインの端から端までアイプチを塗ると、皮膚がびっちりとはりつき、見た目が不自然です。目頭と目尻に1~2mm程度アイプチを塗らない部分を作るだけで、まぶたに動きが出て自然な仕上がりに。【POINT4】アイプチ後のアイメイクはNG!アイメイクはアイプチの前に!

アイプチ後の目元は、できるだけ触れないのが長持ちさせる最大のコツです。アイメイクはアイプチの前に済ませておきましょう。メイク直しの際は、力の入りやすいチップではなく、ブラシを使って優しく撫でるのが◎。 アイプチの効果的な使用方法 アイプチずっとしてたら二重になる?_05
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy