ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の肌トラブルを回避!「日焼け止め」の正しい使い方と紫外線ケアを学ぼう!

  • ガジェット通信を≫

夏の肌トラブルを回避!「日焼け止め」の正しい使い方と紫外線ケアを学ぼう!

ついにやってきた、暑~い夏!この季節は日焼け止めを使って、紫外線による肌トラブルを避けたいところですよね。でもいざ店頭に行くと、さまざまなタイプの商品があって、どの日焼け止めが自分に向いているのか悩みがちでは?

そこで今回は、日焼け止めの基本や正しい使い方などについてまとめてみました。日焼け止めを上手に使って、たのしい夏をエンジョイしましょう!

まずは紫外線の特徴と種類をおさらい!

紫外線とは太陽光に含まれる光線の1つで、波長の長いものから「UVA(A波)」、「UVB(B波)」「UVC(C波)」に分けられます。しかしUVCはオゾン層で吸収されてしまうため、実際に地表に届くのはUVAとUVBの2種類です。

UVAは地表に届く紫外線の9割を占めていますが、UVBに比べてエネルギーが弱く、肌に急激な影響をあたえることはありません。しかしUVAは皮膚の奥深くの真皮層にまで届くため、コラーゲン繊維やエラスチン繊維を変質させて、肌の老化を促進させます。

UVBは地表に届く紫外線量の1割にとどまりますが、UVAに比べてよりエネルギーが強く、短時間で肌に影響をあたえます。肌が黒くなったり炎症をおこしたりする、いわゆる「日焼け」の主な原因となるのはUVBで、時には皮膚の細胞を傷つけて皮膚がんの原因にもなってしまいます。【紫外線】日焼け止めクリームの仕組み_02

また、強い紫外線を長時間にわたって浴び続けることは、目にもよい影響をあたえません。紫外線が目に入ることで白内障や黄斑変性症、角膜炎や翼状片などのリスク要因となることが指摘されているのです。

日焼けのシステムと、日焼け止めの記号の意味を知ろう!

紫外線による日焼けには、皮膚が赤く炎症をおこす「サンバーン」と、肌の色が濃くなる「サンタン(黒化)」の2種類があります。

サンバーンは肌がヒリヒリと赤くなる炎症のことで、主にUVBによって引き起こされます。炎症が治まりかけたのちに黒化がピークを迎えることから「遅延型黒化」と呼ばれます。一方、UVAによって引き起こされる黒化は、還元型メラニンの色が濃くなることで、すぐに色素が現れることから「即時型黒化」と呼ばれています。

では、実際に日焼け止めを購入する時には、どのような商品を選べばいいのでしょうか?ここで覚えておく必要があるのは、パッケージや容器に記載されている「SPF値」と「PA値」という記号の意味です。

SPFはサンバーンによる肌の炎症を防ぐための指標で、「SPF20」や「SPF50」のように記されています。夏によく見られる日焼けの多くがサンバーンによるものですから、SPFの値が大きいほどUVB防御指数も高い、つまり日焼けから肌を守る効果も高いということができます。

PAはUVAから肌を守るための指標ですが、UVAには雨雲や窓ガラスなどを透過する特徴があるため、天候や季節に関わらない対策が必要です。PA値には「PA+」から「PA++++」までの4段階があり、プラスの数が多くなるほどUVAによる色素沈着や肌の老化を防ぐ効果が高いと考えられています。【紫外線】日焼け止めクリームの仕組み_04

しかし、いずれの指標も数値が高いほど紫外線を防御する効果が高くなる反面、肌への負担も大きくなります。そのため、いくら効果が高いからといってSPF値やPA値の高いものばかりを使用することはお勧めできません。

日常使いであれば、SPF10~30、PA++などの商品で十分な効果を得ることができます。これらの商品は、数値の高さ=効果をうたうためだけではなく、使用するシーンに応じて適切な紫外線ケアがおこなえるためにラインナップされているのです。

日焼け止めは、日常的に用いる場合や海水浴やレジャーで用いる場合など、必要に応じて効果の異なるものを適切に使用しましょう。また、日焼け止めは時間に応じて効果が薄れることなども考慮して、適切な量を使用することが必要です。

肌のタイプに合わせた日焼け止めを選ぶには?

一般的に、「日焼けしやすい人」と「日焼けしにくい人」の違いは、3パターンあるといわれています。

A.すぐに赤くなり、元の肌に戻るタイプB.赤くなった後に黒くなるタイプC.赤くならず、すぐに黒くなるタイプ

いうなれば、Aタイプの人は「サンバーン型」、BCタイプの人は「サンタン型」ということができるでしょう。

サンタン型の場合、黒くなりやすい肌質を持つ半面、メラニン色素を作り出すことで体が適切な防御反応をおこなっているということができます。実はABCのタイプのうち、もっとも日焼け止め対策が必要なのはサンバーンをおこしやすいAタイプの人なのです。【紫外線】日焼け止めクリームの仕組み_05

メラニンを作り出すのはメラノサイトと呼ばれる細胞ですが、サンバーン型の人はメラニンによって紫外線を防ぐことができていないため、シミやシワなどの肌の老化(光老化)が進みやすく、皮膚がんのリスクも高くなるといわれています。

日焼け止め製品はスプレーや乳液などタイプによってもさまざまですが、これからの季節にもっとも大切なのは、TPOに合わせた日焼け止め効果の選択です。

やみくもに効果の高いものばかりを使用することは、かえって肌に悪影響をあたえます。それぞれの日焼け止めの特徴を知り、シーンに合わせて使用することを心がけましょう!

【参考】ロート製薬:商品情報サイト – 知っておきたい 紫外線のあれこれ

関連記事リンク(外部サイト)

去年の夏の置き土産…日焼け止めは1年前のものを使っても大丈夫なの?
何が違うの? 日焼け止めを理解して選ぼう
肌の露出の多くなる季節…気になる”むだ毛”処理、レーザー脱毛でツルスベ美肌を手に入れよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。