ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

痛風の元?でも身体に必要不可欠? ミステリアス栄養素「プリン体」を知ろう!

  • ガジェット通信を≫


近年、「プリン体ゼロ」とうたったビールのCMなどをよく見かけますが、みなさんはプリン体とは一体どんな栄養素なのかご存知でしょうか?

今回はプリン体が体にもたらすよい影響・悪い影響について、医師に解説していただきました。

プリン体とはどのような栄養素ですか?

プリン体とは、化学構造式にプリン環をもつ物質の総称を指します。主に細胞や遺伝子を構成する核酸というものに含まれています。

したがって、魚卵や牛肉など細胞のたくさんある食品に多く含まれています。プリン体が体内で代謝されると最終産物として「尿酸」が産生されます。

尿酸が多くなりすぎると「痛風」や「高尿酸血症」の原因になるため、不要な物質と考えられがちですが、実は体内ではなくてはならない栄養素の一つです。

プリン体は体内でどのような働きをしますか?

プリン体は、細胞の遺伝子を構成する核酸の大切な原料となります。細胞が新陳代謝されて、細胞が分裂するときには遺伝子を含むDNAの複製をおこないます。

DNAにはアデニン、グアニン、シトシン、チミンの4つの塩基という遺伝情報の構成体がありますが、プリン体はアデニン、グアニンの2つのプリン塩基に欠かせない重要な物質なのです。

ほかにも、プリン体が原料となるアデノシン三リン酸(ATP)、グアノシン三リン酸(GTP)というプリンヌクレオチドは、細胞が活動するエネルギー源となります。

プリン体を過剰に摂取するとどのような病気を引き起こしますか?

重要な栄養素のプリン体も過剰に摂取すると、細胞の新陳代謝に使われた最終産物の尿酸の量が増えていきます。新陳代謝に使いきれなくて残ってしまったプリン体も酸化して尿酸になってしまいます。

尿酸は水にとても溶けにくい物質で、身体の中の特に関節へ溜まって炎症を引き起こします。これが、親指のつけねやくるぶしの下が赤く腫れて風があたっても痛い「痛風」です。

発作を起こさなくても、血中の尿酸値が高値であれば「高尿酸血症」とよばれます。他にも、尿の中で結晶化して尿管結石の原因になることもあります。

プリン体を過剰摂取しないために、気をつけるべきことを教えてください

プリン体はほとんど全ての食品に含まれますが、魚卵(しらこなど)やレバー、牛肉などの細胞数の多い食品には多く含まれます。他にもエビやイワシ、カツオ、そして魚の干物に多く含まれます。

ビールは有名ですが、これは麦芽にプリン体が多く含まれるためです。発泡酒は麦芽の比率がビールと比較して低いため、プリン体も半分近く減るといわれています。これらの食品を過剰に摂取することや、大量飲酒は避けましょう。

また、摂取量を減らすだけでなく、十分に水分を摂取するようにしましょう。軽い有酸素運動は尿酸値を上げにくくする作用があり、血管を柔らかくして動脈硬化や高血圧の改善にもつながります。

ウォーキングやジョギング、水泳などの運動を食事療法と合わせて行うと効果的です。これは精神的ストレスの軽減にもなります。

医師からのアドバイス

プリン体は悪者ではなく、生きていく上で身体に必要な重要な栄養素です。ただし、過剰摂取はいけません。

極端にプリン体を避ける必要はありませんが、美食を好んで珍味を多くとったり、暴飲暴食で総カロリーが1日必要量をオーバーしたりするようなことがないようにしましょう。

美味しいものは少しずつ、一つの食品に偏らないでバランスの良い食事をとるようにしていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

風が吹くだけで激痛が走る「痛風」の予防法は?
男性だけではない⁉︎女性でも痛風は起こる?
痛風の原因!プリン体が多く含まれる食べ物 BEST10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP