ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【復興支援】絶対見たい!「玉名納涼花火大会」と周辺おすすめスポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今回の「九州復興支援」企画でご紹介するのは熊本県玉名市です。

この夏、一番注目したいのは、県北で最大規模の「玉名納涼花火大会」。例年、特別な1発を含め、さまざまな工夫を凝らして楽しませてくれる花火大会、ぜひ見てみたいものです。

お楽しみのグルメは熊本ラーメンの礎ともいわれる玉名ラーメン、スイーツなら老舗のチーズまんじゅう。お土産や観光情報のことなら新玉名駅にある「観光ほっとプラザたまララ」へ足をのばしてみませんか?

旅の醍醐味、温泉は湯船からの眺めが最高の草枕温泉へ。100%源泉のかけ流しの湯で体も心もリフレッシュしてください。

玉名の震災被害と復興状況

新幹線の運休以外は地震の影響はほとんどなし!

熊本地震の影響で新幹線の運休が続き、新玉名駅への観光客の足が遠のいた時期がありましたが、今は通常運行をしており、影響はありません。

また、飲食店や温泉、宿泊施設、観光施設などにはほとんど被害がなく、通常営業を行っています。

玉名の魅力って?

豊かな農水産物から歴性的なスポットまで幅広い興味に応える町!

熊本県北部の中心的都市である玉名市。有明海に面し、山に囲まれた自然豊かなエリアで、イチゴ、トマト、ミカン、米などの農産物、水産物では海苔の産地として有名です。

“古代人からのメッセージ”ともいわれる、浮き彫り、彩色などが施された装飾古墳が点在しているのも玉名の隠れた魅力といえます。

四季を通していろいろな花が咲く玉名で最もにぎわうのが5月から6月にかけて開催される「髙瀬裏川花しょうぶまつり」。江戸時代から残る石垣や石橋を背景に咲き誇る6万6000本の花しょうぶは見事です。

毎年初夏に、高瀬裏川水際緑地公園で開催される「髙瀬裏川花しょうぶまつり」。まつり期間中はライトアップが楽しめる

玉名のグルメといえば熊本ラーメンのルーツといわれる玉名ラーメン。温泉では玉名温泉と小天温泉があります。夏目漱石生誕150年の来年にかけて「草枕」にちなんだ「草枕交流館」「草枕温泉てんすい」「前田家別邸」などに注目が集まっています。 玉名市ふるさとセールス課

TEL/0968-73-2222

「玉名市」の詳細はこちら

玉名納涼花火大会

1万1発に込められた音と光の幻想世界をたっぷり!

8月5日(金)に開催される、県内有数の規模を誇る花火大会。菊池川をはさんで間近で打ち上げられる花火は迫力満点です。

毎年、最初の1発はカウントダウン花火ですが、今年は復興に向かって1歩進むという希望を込めて特別な1発が打ち上げられます。

数種類の花火を組み合わせた「くじゃく型」花火

音楽に合わせて繰り広げられる「ミュージック花火」、3~4色の光が次第にウェーブしているように見える「時間差(スライド方式)花火」など見どころも満載!

さらに、フィナーレに打ち上がるワイドスターマインの大連発は圧巻!その美しさと迫力に圧倒されます。 玉名納涼花火大会

TEL/0968-72-3106(玉名納涼花火大会実行委員会)

住所/熊本県玉名市高瀬 菊池川高瀬大橋上流一帯

日時/8月5日(金)20時~21時

※荒天の場合8月10日(水)に延期

アクセス/車:九州道菊水ICより10分

電車:JR玉名駅、JR新玉名駅より徒歩15分

駐車場/約2500台(数に限りがあるので公共交通機関の利用を)

「玉名納涼花火大会」の詳細はこちら

「天琴」の玉名ラーメン

熊本ラーメンのルーツとされる豚骨こってりスープ!

玉名市の中心部だけでも10数件の店が立ち並び、地元の人や観光客に愛されている「玉名ラーメン」。もともとは、昭和27年、福岡県久留米市のラーメン店「三九」が今のJR玉名駅の前にオープンさせた店が始まりとされています。

玉名ラーメンの人気店「天琴」の奥深いラーメンの味をぜひ!

高瀬大橋の近くにある「天琴(てんきん)」は玉名の「三九」で修業した創業者が昭和32年に始めた老舗。中細ストレート麺とこってりしたパンチのあるスープが良くからみ、トッピングのニンニクチップとの相性も抜群! スープの旨さに最後の一滴まで飲み干す人が多いといいます。 天琴

TEL/0968-72-2392

住所/熊本県玉名市高瀬408-5

営業時間/11時~23時 ※麺がなくなり次第終了

定休日/水曜(祝日の場合木曜)

アクセス/車:九州道菊水ICより15分

駐車場/16台

料金/ 600円

「肥後節菓熊本むらた」のチーズまんじゅう「玉ちーず」

サクサク感とふんわりチーズのとりこに!

地元では“たまっチ”の愛称で親しまれているチーズまんじゅう「玉ちーず」。外側はサクサクとしたクッキーのような食感!中にはふんわりしたナチュラルチーズが入っていて、アクセントにチョコチップが加わった人気のお菓子です。

ひとつひとつ丁寧に作られる「玉ちーず」

中にはほのかな甘みのチーズがたっぷり

老舗和洋菓子店「肥後節菓(ひごせっか)熊本」は創業以来、玉名の自然や歴史に由来のあるお菓子をいろいろと作って来ました。そんな中でも「玉ちーず」は全国のチーズまんじゅうを食べ歩き、材料を吟味し作り出した自慢の逸品です。

店内には定番菓子のほかに、季節や行事に合わせたお菓子など、多様な商品が並ぶ (有)お菓子のむらた

TEL/0968-74-1533

住所/熊本県玉名市中1941-6

営業時間/9時~20時

定休日/なし

アクセス/車:九州道菊水ICより20分

駐車場/5台

料金/ チーズまんじゅう「玉ちーず」1個130円、6個950円(箱入り)、10個1500円(箱入り)

草枕温泉てんすい

高台からの絶景に心奪われ、漱石の世界にふれる!

温泉を中心に展示ホール、食事処、休憩スポットなどを備えた総合交流施設。核となる温泉は眺望の素晴らしさで有名です。

露天風呂からは目の前にみかん畑、遠くに有明海、島原半島が広がり、その眺めは「九州じゃらん」の絶景露天アンケートで1位に選ばれたほど!何より有明海や雲仙普賢岳がオレンジ色に染まる日没はぜひ目に焼き付けたい絶景です。

小高い丘に建つ温泉の露天風呂からの眺め。源泉温度45.5度、単純アルカリ泉の湯を100%かけ流ししている

今年は夏目漱石が熊本に来て120周年、そして来年は漱石生誕150周年。「草枕」の舞台となったここ小天温泉は注目のスポットとなっています。館内の展示ホールや小説にちなんだ湯船「草枕の湯」など、漱石に思いを馳せる時間も楽しめそうです。 草枕温泉てんすい

TEL/0968-82-4500

住所/熊本県玉名市天水町小天511-1

営業時間/10時~21時(20時30分最終受付)

定休日/不定

アクセス/車: 九州道菊水ICより30分

駐車場/250台

料金/大人500円、4歳~中学生200円、3歳以下無料

「草枕温泉てんすい」の詳細はこちら

観光ほっとプラザたまララ

5周年コラボ商品も登場!お土産を買うならココ!

九州新幹線の停車駅、新玉名駅にある観光交流拠点。観光案内所、駅レンタカー営業所、県北や玉名市のお土産、特産品の展示販売コーナーや喫茶飲食コーナーがあります。

特選品コーナーには玉名ブランド認定品をはじめ、玉名でとれたイチゴや海苔、ミカンを使用した加工品などもズラリ。今年3月、5周年を迎えた同館の記念のコラボ商品も販売中です。

コラボ商品の一つは「たまララ」限定オリジナルの「ジャム3点セット(800円)」。地元の「おっぺしゃん工房」とコラボしたマーマレードとイチゴとキウイのジャムのセットです。

可愛い小瓶に入ったジャム。イチゴは玉名産の「ひのしずく」を使用

もう一つの商品は「春よ恋茶(500円)」。こちらは「柳屋茶舗」セレクトの良質の熊本産の緑茶を可愛いパッケージに詰めたもの。また、玉名産酒米「吟のさと」を使った発泡清酒「たますぱ(375ml 750円)」も期間限定で販売中です。

風味豊かな緑茶。ネーミングも可愛らしい。ゴールドのロゴシールがコラボ商品の目印

華やかな香りと旨み、炭酸の爽やかな後味が特徴の「たますぱ」

飲食スペースでも、ワンコインで楽しめる薬草カレーや肉うどんなどのメニューに加え、南関そうめんに南関あげをトッピングした「南関セット(500円)など期間限定メニューが味わえます。 観光ほっとプラザ たまララ

TEL/0968-57-9663

住所/熊本県玉名市両迫間308(JR新玉名駅構内)

営業時間/9時~19時(飲食スペース10時~18時)

定休日/なし

アクセス/車:九州道菊水ICより15分

駐車場/新玉名駅駐車場300台

まとめ

いかがでしたか?熊本県玉名市のおすすめ観光情報をお届けしました。

県北の玄関口ともいえる玉名。点として訪れたことはあっても、このエリアだけを集中して回ることはなかなかないのかもしれません。

グルメにしろ、お土産にしろ、観光スポットにしろ、意外な発見、面白いスポットに出会えそうです!1日時間をかけてめぐってみては?

※この記事は2016年7月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

鳥取・大山(だいせん)へ行くなら今!森&温泉の大満足プラン♪
別府冷麺&とり天!2大名物を味わう♪別府のおすすめランチ4【大分】
祝一周年!北陸新幹線で行く!今おすすめの夏旅【2016】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP