ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手嶌葵 2年ぶりNewアルバム『青い図書室』今秋リリース! 加藤登紀子/いしわたり淳治が参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年6月にデビュー10周年を迎えた手嶌葵。約2年ぶりとなるオリジナルアルバム『青い図書室』が、2016年9月21日にリリースされる。

 前作『Rendze-vous』に続くセルフプロデュースとなる今作は、より濃密で手嶌葵でしか表現し得ない、どこか不思議で異国情緒も感じられる全9曲。自身が一番好きな映画として公言する映画『紅の豚』の主題歌「時には昔の話を」の作者である加藤登紀子が手嶌葵の10年を思い描いて書き下ろした2曲「想秋ノート」「白い街と青いコート」をはじめ、前作に続き作詞家・いしわたり淳治が書き下ろした4曲、さらには手嶌本人による作詞曲も2曲収録される。

 ジャケットは、前作でもアルバムの世界観を繊細で美しく表現したイラストレーター・初見寧による描き下ろしイラストを使用。初回限定盤には、今年5月に東京・かつしかシンフォニーヒルズにて行われた【手嶌葵 10th Anniversary Concert】の貴重なライブ音源を8曲収録したボーナスディスクが付属される。

 また、コンサート【手嶌葵 10th Anniversary Concert】の追加公演として、10月2日には大阪府・NHK大阪ホール、12月18日には東京・中野サンプラザホールが決定した。東京公演以外のチケットは現在発売中。

◎Newアルバム『青い図書室』
2016/09/21 RELEASE
[通常盤(CD)]VICL-64584 / 3,000円+税
1. 想秋ノート
2. 白薔薇のララバイ
3. ナルキスと人魚
4. 海を見つめる日
5. 蒼と白~水辺、君への愛の詩~
6. ワインとアンティパスト
7. ミス・ライムの推理
8. Handsome Blue
9. 白い街と青いコート
[初回限定盤(2CDs)]VIZL-1016 / 3,500円+税
<Disc 1>(通常盤と同内容)
<Disc 2>
【Aoi Teshima 10th Anniversary Concert】
Live at KATSUSHIKA SYMPHONY HILLS on May 28, 2016
1. 岸を離れる日
2. 虹
3. 朝ごはんの歌
4. 1000の国を旅した少年
5. ちょっとしたもの
6. 瑠璃色の地球
7. 風の谷のナウシカ
8. 明日への手紙

◎コンサート【手嶌葵 10th Anniversary Concert】
09月06日(火)愛知・名古屋市芸術創造センター OPEN 18:30 / START 19:00
09月07日(水)愛知・名古屋市芸術創造センター OPEN 18:00 / START 18:30
10月02日(日)大阪・NHK大阪ホール OPEN 16:30 / START 17:00
料金:全席指定6,800円(税込)※未就学児の入場はお断り致します
チケット発売中
12月18日(日)東京・中野サンプラザホール
※東京公演詳細は近日オフシャルHPにて発表

関連記事リンク(外部サイト)

手嶌葵 数々のタイアップ楽器を収録したコレクションアルバムリリース決定
手嶌葵「明日への手紙」、こぶしファクトリーを押さえビルボード総合首位に
手嶌葵、月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』主題歌MV完成

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP