ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KoЯn コリィ(スリップノット)参加のNewアルバム全世界同時リリース! リードトラック「Rotting in Vain」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 常にヘヴィ・ミュージックの最先端を自ら切り開いてきた最大のカリスマKoЯn。12枚目となるスタジオ・アルバム『THE SERENITY OF SUFFERING / ザ・セレニティー・オブ・サファリンク』のリリースが、2016年10月21日に決定し、リードトラック「Rotting in Vain」のミュージックビデオ(https://youtu.be/nq9j1qkj2Vc)が公開された。

 今作のプロデューサーにはグラミー賞受賞経験のあるニック・ラスクリネクツ(フー・ファイターズ、 デフトーンズ、マストドンなど)を迎えており、収録曲には2000年代KORNに並びへヴィ・ミュージック・シーンを牽引してきたスリップノットのコリィ・テイラー(vo)がゲスト参加した曲も収録。アートワークは、世界中で高い評価を受けるコンテンポラリー・アーティストであるロン・イングリッシュが手掛けた。

 このアルバムについて、ギタリストであるブライアン・“ヘッド”・ウェルチは「ここ最近の作品の中では聴いたことがないほどにヘヴィになっている」と、ジェイムズ・“マンキー”・シャファーは「ヘヴィネスという点で言うと、デビュー作『Korn』が10点満点とすると、今作は9点に位置する作品だ」と語っている。

 公開されたMVの監督は、マリリン・マンソンなどの作品を手掛けたディーン・カー。海外ドラマ『サンズ・オブ・アナーキー』で知られるトミー・フラナガンが登場する、鬼気迫る作品に仕上がった。

◎Newアルバム『THE SERENITY OF SUFFERING / ザ・セレニティー・オブ・サファリンク』
2016/10/21 RELEASE
[CD]WPCR-17459 / 2,200円+税
01. Insane
02. Rotting in Vain
03. Black Is the Soul
04. The Hating
05. A Different World (featuring Corey Taylor)
06. Take Me
07. Everything Falls Apart
08. Die Yet Another Night
09. When You’re Not There
10. Next in Line
11. Please Come for Me

関連記事リンク(外部サイト)

スリップノット主催【KNOTFEST JAPAN 2016】第4弾アーティスト発表 アンスラックスら追加
スリップノットのコリィ、ライブ中にメールしてた観客の携帯を叩き落とす
破局騒動渦中のオジー・オズボーン、スリップノットのコリィと会見を予定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP