ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豚バラ串に始まり、うどんで〆る! 恵比寿の「博多うどん酒場 イチカバチカ」でリアルな博多の食文化を満喫♡

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ラーメン専門店「一風堂」を展開する力の源ホールディングスが、リアルな博多の食文化満載の「博多うどん酒場 イチカバチカ」を東京・恵比寿駅南口に8月2日(火)、オープンする。

同店の目玉メニューは、何といっても本場博多のうどん豚バラ串

一般的なうどん店のダシは、昆布、いりこ、節物の3つが主流だが、「イチカバチカ」では、これに焼きスルメ、アゴ(トビウオ)、ホタテ貝柱、サバ節をプラス。味わい深い、力強いダシに仕上げている。

またうどんには福岡県産の地粉「ニシホナミ」を100%使用。生地を練り上げてから丸一日熟成させることで、やわらかいのに食べ応えがある、博多うどん特有の食感を生みだしているのだとか。

そして、博多っ子にとって焼とりと言えば豚バラ串のこと。もちろんそれだけでなく、鶏、牛、野菜、魚介類等串に刺せるものであれば、何でも焼とりと呼ぶのが博多流。

今回は、この独特の文化を持つ博多焼とりを代表する店「焼とりの八兵衛」とコラボ。肉のプロが選び抜いた新鮮な肉と、その旨みを最大限に引き出すワザにより、豚バラの魅力を堪能することができるという。

その他のつまみも、ニラ玉、おきゅうと、かまバター、ごぼ天盛り、ちくわサラダなど、リアルな「博多スタイル」を感じられるラインナップ。


気取りのない旨いつまみと酒を楽しめる博多の居酒屋では、隣り合った初対面同士がいつの間にか仲良くなってしまうこともしばしば。そんな“博多の日常”を、博多弁が飛び交う臨場感とともに、ぜひ味わってみよう。

店名「イチカバチカ」にちなんで、毎日イチ時(深夜1 時)とハチ時(夜8 時)には店内イベントを開催。イベント中は周りと一体になり、博多の“のぼせもん” 気分を味わうことができる(日祝日は、夜8時のみ)。

本場、博多のディープな食の世界へ、一度足を踏み入れてみてはいかが?

「博多うどん酒場 イチカバチカ」
http://ichikabachika.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP