ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BIRDY アルバムジャケットで着物を着た理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜12時からの番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MON CAFE FAV STYLE」。ファッションのこだわりや今お気に入りの曲など、アーティストたちのこだわりを届けるこのコーナー。7月30日のオンエアでは、イギリス出身の20歳のシンガーソングライター、Birdyさんにファッションのこだわりを伺いました。

ニューアルバム「BEAUTIFUL LIES」のジャケットでは、真っ赤な着物を着ているBirdyさん。まずこのことから聞いてみると…

「『さゆり』という本の主人公、さゆりにとてもインスパイアされたんです。そのお話の中で、着物という服が象徴している“強さ”や“もろさ”を表現したくてアルバムジャケットに使いました」(Birdyさん)

「ブルーの空に赤い着物がとっても力強い印象」とマリエも感じるこのアルバムジャケット。ちなみにBirdyさんが影響された小説『さゆり』とは、アメリカの作家アーサー・ゴールデンが書いた、第二次世界大戦後に京都で活躍した芸者のお話となっています。小説自体は1997年に出版されましたが2005年に映画化もされています。

次に、普段のファッションへのこだわりを聞いてみると「やっぱり自分が着ていて一番気持ちがいいもの」と話すBirdyさん。そして「自信の持てるものを着るということが一番です。何があっても着ている本人が気持ち良く、自信を持って着ていられていれば、ほかの人から見ても、素敵だなって思えると思いますよ。それが私のファッションの信念ですね」と続けてくれました。

最後にBirdyさんの好きな色、服の形を聞いてみました。

「色合いとしてはアーシーなカラーが好き。特に青と緑が好きなんだけど、青が好きなのは、自分の目の色が青いのでそれが似合うからかな」とBirdyさん。服の形はいろいろな形が好きだそうで「女性らしい曲線が出るのも好き」と話すBirdyさんですが、最近、浴衣を着て感じたことがあるそうです。「あえてカーブが出ないような、(シルエットを)四角い形にしちゃうというのも、それはそれですごく素敵で、エレガントで魅力的なんだな」と思ったのだとか。

そんなファッションへのこだわりを持つBirdyさんのお気に入りの1曲は、Tracy Chapman の「If Not Now…」でした。Birdyさんのニューアルバムと一緒にチェックしてみてください!

【関連サイト】
「SEASONS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP