体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「魚拓」が料理になっちゃった…!ミシュラン1ツ星シェフのアートな料理が味わえるフェアがニューオータニで開催

世界で活躍する一流シェフが手掛けるお料理、一度は食べてみたいものですよね♡

そんな願いを叶えてくれる夢のようなフェアが、この夏、ホテルニューオータニで開催!

早速、そのメニューのひとつを試食させてもらいました♪

ミラノ本店の味が日本で味わえる

東京と大阪の2カ所で計6日間に渡って実施されるこのフェアでは、「世界で活躍する日本人シェフ」に焦点を当て、日本人オーナーで初めてミシュラン・イタリアの1ツ星を獲得した「RISTORANTE TOKUYOSHI(リストランテ・トクヨシ)」の徳吉洋二氏が来日。

徳吉洋二シェフ

ミラノの本店を一時的にクローズし、徳吉シェフ率いるキッチンスタッフやホールスタッフなどほぼ全員が集結して、ここ日本で「RISTORANTE TOKUYOSHI」を完全再現します。

“混成したイタリア料理”がコンセプト

開業からわずか10カ月でミシュラン1ツ星を獲得した「RISTORANTE TOKUYOSHI」のコンセプトは、「Cucina Italiana Contaminata(クッチーナ イタリアーナ コンタミナータ)」。

コンタミナータは“混成”という意味で、味と味が混ざり合った“フュージョン”とは違い、日本とイタリアの文化が混ざり合った料理を指すそう。

その代表作とも言えるのが、今回試食させていただいた「魚拓」というメニューです。

魚拓×イタリア料理

こちらがその「魚拓 松の実のミルク」。

見た目は真っ黒で、出てきた瞬間ちょっとびっくりしますが、白いお皿とのコントラストがなんとも美しい!

頭の部分はイカスミを塗ったスタンプで縁取られていて、まさに魚拓です。

身にはココナッツの皮でつくられた野菜のスミが使われており、ウロコを表現したパン粉も黒々としています。

中はオレンジやレモンの皮を合わせたホタテのムースが閉じ込められていて、ふんわり柔らかな食感。口に入れた瞬間、魚(今回はアジ)のたんぱくな味わいと柑橘のさわやかな香りが広がります!

調理法や味付け自体はイタリア料理なのですが、日本ならではの文化のひとつである「魚拓」と組み合わせることで、まったく新しい食べ物に。

味や食感はもちろんのこと、「視覚で楽しむ」という、アートとしての料理を存分に満喫することができます。

世界の“おいしい”が体験できるホテル

東京オリンピックの開催年である1964年の開業以来、最新の「食」を体験できる国際都市ホテルとして、世界各国の名店を招聘してきたホテルニューオータニ。

1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。