ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アスパラの下の部分はもう捨てちゃだめ!『ガッテン!』紹介のスープが簡単&おいしくて絶対おすすめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アスパラガスの下の部分って硬くなっていて繊維も多いために、もったいないと思っても捨てることが多くないですか?

6月29日の『ガッテン!』(NHK)ではそんな心にチクチクして気になっていたお悩みを解消するような「アスパラおろしスープ」が紹介され「目から鱗」「あそこ捨てるのもったいないなーっていつも思ってたんだよね」とネットで高評価をうけていました。

【関連:ソースによく絡む調理法?ためしてガッテン紹介の『焼きパスタ』に挑戦】

材料は公式サイトによると2人分で以下になります。

アスパラガス 3本分の下の部分約4cm分
牛乳 300ml
片栗粉 小さじ1(水小さじ2で溶いたもの)
塩 小さじ1/2
コショウ 少々

あの繊維が多くて食べにくい部分がスープに?本当においしいのかなぁ、舌触りわるいんじゃ?という疑問がふつふつわいてきたので実際つくってその味を確かめてみました。

まず鍋に牛乳をいれて加熱し沸騰させます。そこに、水溶き片栗粉をゆっくり円を描くように入れてとろみをつけたらすり下ろしたアスパラと塩コショウを入れ、最後に一煮立ちさせたらできあがりです。ちなみにアスパラをすり下ろすときは、必要部分を切らないまま必要部分まで鉛筆持ちですり下ろす方が楽ちんで怪我の心配もありません。

ダシを入れないスープですし、アスパラの量も大して多くないために大丈夫? と心配でしたが、出来上がりを食べてみたらびっくり! 
アスパラが香り立ち、ふんわりとした甘みがあって、すごく簡単なレシピだったのに大満足の出来上がりになりました。所要時間は実に5分。1品足りないな……というときには、絶対につくると喜ばれちゃうメニューですよ。主婦のみなさん、ぜひ一度お試しくださいね!


▼参考
NHK『ガッテン!』

(文:大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

新たなるトレンド!?柚子胡椒トーストが万能すぎる
鹿児島出身者が教える「夏に芋焼酎を爽やかゴクッ」と飲む方法
シュワシュワ食感がたまらない!流行のお菓子「ギモーヴ」を作ってみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP