ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRヘッドセット装着者の顔の表情がそのまま、リアルタイムでデジタルアバターに反映される「Veeso」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このところ、事欠かないVR関連の話題。VRを体感する手法としては、ヘッドセットタイプが一般的で、「Samsung Gear VR」、「Google Cardboard」などのデバイスが登場しており、装着者の手、目、足の動きを追跡する機能があるものもある。

・装着者の顔の表情がそのままアバターに反映!

その中でも「Veeso」は異彩を放つVRヘッドセットだ。装着者自身の顔の動きをキャプチャし、その表情をバーチャルのアバターにリアルタイムで再現するという。

リアルの世界のユーザーの感情を、デジタルの世界に直結させるというユニークな試みは、チャットアプリやソーシャルゲームで有用だろう。

・2つの赤外線カメラを搭載

このVRヘッドセットには2つの赤外線カメラが搭載されていて、これが装着者の顔の表情をキャッチする。

1つは、目と目の間に設置されており、瞳や眉の動き、まぶたの開閉をキャプチャする。

もう1つはデバイス下部に配置されていて、あごやくちびる、口の動きを追跡。

これらの動きを統合し、デジタルアバターの顔にリアルタイムで反映させることで、ユーザーの“今、現在の”表情を再現するという仕組みだ。

・より“表情豊かな”バーチャルコミュニケーションに!

VRのビデオコール、チャット、ソーシャルゲーム、オンラインゲームなどで活用すれば、能面のようだったプレイヤーのアバターが、生身の人間のような豊かな表情をするようになり、よりコミュニケーションがリアルに、細かい感情の機微が伝わりやすくなるはず。

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで、8月20日まで出資を募集中の「Veeso」。

Android、iOSの両方に対応する予定で、プレオーダー価格は70ドル(約7300円)、順調にいけば12月に提供開始予定だ。開発者向けの開発キット込みのものも用意されている。

チームとしては、「Veeso」用のアプリを、6ヶ月以内に少なくとも10件開発予定だという。

Veeso

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。