ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こんな風に歳をとりたい!人生を思いっきり楽しむ世界の「イケてるおばあちゃん」 【まとめ】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近のおじいちゃんやおばあちゃんは、とってもパワフル!見ているだけで元気がもらえて、ポジティブな気分になります。

ここでは、いくつになっても挑戦を続ける元気な「おばあちゃん」たちの記事をまとめてみました。みんな「何事も、始めるのに遅すぎるということはない」という言葉を見事に体現していますね。

01.
平均年齢83歳の
ヒップホップダンスクルーが
めちゃ青春してる!

2013年に結成された、最年少65歳、平均年齢83歳のヒップホップダンスクルー。だれもが腰を手術したことがあったため、クルーの名まえは「The Hip(腰) Op-eration(手術) Crew」に決まり。

そんな彼女たちがラスベガスの「ワールド・ヒップホップ・ダンス・チャンピオンシップ」に挑戦した理由とは…?

2014年6月に「世界最高齢のダンスグループ」としてギネスブックに登録された、このクルー。挑戦を追ったドキュメンタリー映画も同年9月に公開され話題になりました。2016年8月27日(土)より、日本でも公開されます!

世界を股にかけた、こんな楽しそうなおじいちゃんおばあちゃん、他にいないはず!

→詳しい記事はこちらから。

02.
がん治療を拒んで
念願の旅に出た
「90歳のおばあちゃん」

2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさんは、さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。

医師もベストな手術、放射線治療、化学療法などを提案しましたが、彼女はお決まりの「治療」には興味がなく、残りの人生で思い切り「旅」を楽しむことに。

はじめはこの決断に驚いたという息子のティムさんも、RVキャンピングカーを用意し、妻のレイミーさんと愛犬のプードルを連れて、人生最良の旅をスタートさせたのでした。ノーマさんの笑顔から、たくさんの元気をもらえるはず!

→詳しい記事はこちらから。

03.
100歳のおばあちゃんが
3年間続けた早起きの理由に
胸が熱くなる…

2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標がありました。

「100歳の誕生日までに、1,000着のワンピースを製作する」

昨夏時点での数字は840着、Weberさんのチャレンジのその後は?そして、彼女がワンピースを縫い続ける目的とは?

→詳しい記事はこちらから。

04.
雪を見てはしゃぐ
「101歳のおばあちゃん」に
世界がほっこり♪

「母は101歳。これは、日々小さなことを楽しめれば100歳まで長生きできるっていう証拠さ。遊びに行ったのはすごく近所だったけど、夢中になって雪で遊んだよ」

投稿したArmand Foisyさんによれば、101歳の母親を外に連れ出したところ、なんと夢中で雪遊びを始めたのだとか。撮影されたのは、2015年11月19日。カナダ・バンクーバーの山中。

その楽しそうにはしゃぐ様子に、世界中がほっこり!

→詳しい記事はこちらから。

05.
デンマークのおばあちゃんが
ヨーロッパで一番
幸せなのはなぜ?

Eurostat」が行なった、「ヨーロッパで一番幸せなのは誰?」という研究では、「デンマークのおばあちゃん」が一番幸せだと発表されました。

高額な税制度と引き換えに、充実した社会福祉を実現したデンマーク。研究結果から「若者よりも高齢者の方が幸福度が高い」という事実も判明したのです…。

→詳しい記事はこちらから。

関連記事リンク(外部サイト)

忘れてない?「毎日が今よりもっと楽しくなる」19のヒント
ノーベル賞化学者がメモしていた「読むと希望が湧く」14の名言
20代で夢を諦めるなんて早すぎ!本当に「やりたいこと」やってる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。