ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

笑って喋りながら緊急帝王切開?! 麻酔で陣痛が和らいだとたん、私のテンション急上昇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

予定日を4日過ぎて夜中から陣痛が来ました。

けれど間隔がまったく定まらず、『もしかしたら前駆陣痛!?もしそうだったら病院に行ったらお金かかってしまう!我慢だ!』と明け方4時まで我慢して、『やっぱりなにかおかしい。前駆陣痛でもいいから病院で見てもらおう!』と思い立ち、母と病院へ。

陣痛室のベッドで寝かされて数時間たっても、みんなが痛くてたまらないという陣痛らしきものがまったくこず、途中で寝てしまうほどの微弱陣痛(笑)

そのまま陣痛の間隔も定まらないまま夜を迎え、主人が買ってきてくれたお菓子をもぐもぐ。

これが陣痛だったら余裕だわ~、私もしかして人より軽い陣痛なのかな~?と、馬鹿な考えを抱いてました…。 関連記事:まだ平気、まだ平気かな…?と一晩ひとりで耐えた陣痛。痛みの変化をリポート

そして2日目。

微弱陣痛も少しずつ激しくなっていき、夜ご飯食べる頃にはまあまあの痛さに。でもまだ大丈夫!と、主人に腰をさすってもらいしのいでました。

そして3日目に突入!陣痛はだいぶ激しいものになっているにもかかわらず、間隔は定まらず子宮口もわずかばかり開いたままでお産は進まず…。

ついに先生が『人工破水させよう!』と破水させ、またもやベッドに戻されました。

そこからは記憶が飛び飛びで、陣痛が痛くて痛くて叫び、ベッドを叩き…。泣きわめいた挙句、…子宮口開かず。

『促進剤打とう!でも今より陣痛激しくなるからね!』との先生の言葉に、『こんなに痛いのに!?もう無理~!!』と、泣いているところ促進剤を打たれ、またベッドに戻されて…。

叫んで泣いて、付き添いの母に『帝王切開にしてって頼んできて!』と、何回も言いました。

でも助産師さんに『もう子宮口8センチまで開いてる!あと30分我慢したら下から産める!』と言われまた耐えて…。

30分たっても子宮口は9センチしか開いておらず、『あと30分よ!』と言われ、『私おかしいかも!こんなに痛いのにまだ子宮口が開かないなんて、お腹の中でなにか起きてる!助けてー!!』と、病室で泣きながら母に訴え、母もあまりの痛がりようにかなりうろたえていました。

それから叫ぶこと30分後、ようやく10センチ開き、いざ分娩台にのってエコーを撮ってみると、赤ちゃんの顔が背中側を向いてないといけないのにまだお腹の方を向いていて、『これはかなり難産になるかも…』と先生に言われたときは『こんなに痛いのを我慢してるのにまだ痛いなんて…』と、しくしく泣きました。

しかし!!

1回目いきんだ瞬間に血圧が190まで上昇。

『帝王切開にしよう!』と、いきなり先生に言われ『うん!わかった!切ろう!』と力強く返事。

この痛みから開放される時が近づいてきたことを悟った私は、テンションがあがりまくり。

麻酔をされるとあんなに痛かった陣痛が消え、さらにテンションがあがり、

『先生!陣痛消えたよ!魔法みたい!わはははは』『手術してるとこ見たい!眼鏡とってください!!』『先生!切るとき切るって言うてな!』『お腹は縦に切った?横に切った?』『子宮は縦切り?横切り?』と、話しかけまくり。

助産師さんに『はいはい、静かにして』と、苦笑されてもまだまだしゃべるのをやめられず、終始しゃべって、笑ってを繰り返していました。

外で待っていた母と主人は分娩室から聞こえてくる私の笑い声に、どうしてしまったのかと心配していたみたいでした。

赤ちゃんと対面した時、やっと陣痛から開放される!という開放感がすごくて、感動はすごく薄かったのを覚えてます(笑)

病室に運ばれている間、主人と母がぐったりしていて『なんでそんなに疲れてるの?』と、きょとんとなりましたが、後々考えると母も主人も交代で私の腰をさすったりしていて、私と同じく不眠不休だったので当然ですよね。

痛み止めの筋肉注射もものすごく痛いのですが、陣痛から開放されてすぐだったのでまったく痛くなく、何本でも打ってね~というでした。

でも産んでから思ったのは、自然分娩だった人は次の日から歩きまわり、赤ちゃんを見に行ったりしてましが、帝王切開した私は起き上がることも困難。

トイレに行くのも困難。一歩踏み出すことがものすごく痛くて、これが帝王切開のデメリットか!と感じました。

3日ほどすると、傷の痛みはだいぶマシにはなるんですけどね。 関連記事:これが噂の”フルコース”! 2日がかりの激しい陣痛…からの緊急帝王切開レポート

10日の入院と帝王切開、促進剤、ベッド代、赤ちゃんの入院費、もろもろ含めて41万ほどだったので補助金内におさまり追加金がかからずすみました。

あんなに痛かったのに、2週間もするとどんな痛みだったのか思い出すこともできず…。お産ってほんと不思議だなぁとつくづく思う毎日です。

著者:ピーナッツ

産後1ヶ月!まわりのみんなに手伝ってもらいながら赤ちゃんのお世話してます!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

3度目の帝王切開は高リスク!? 不安を抱きながら挑んだ4人目の出産
人一倍気をつけていたのに…高血糖で緊急入院からの6日間絶食、そして陣痛が!
帝王切開でも貴重な体験が出来る!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP