体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マカオの5つ星ホテルに潜入し、仕事そっちのけで美食を食べて起きた悲劇とは

こんにちは!TABIPPOライターの喜多です。

食べることが大好きで、楽しそうなことには何でも挑戦したい欲望に正直なマイペース系女子です!将来はスナフキンのように自由に世界を放浪したいと思っています。

そんなどこにでもいるごく普通の私が、今回マカオにある豪華5つ星リゾート「ギャラクシー・マカオ」のプレスツアーに参加し、最高に贅沢な夏休みを過ごしてきたのでその全貌をお届けします!

 

マカオの統合型リゾート「ギャラクシー・マカオ」とは?

IMG_3574

2011年5月にマカオ初の本格的なラグジュアリーリゾート施設としてコタイ市にオープンした「ギャラクシー・マカオ」。110万㎡と東京ドーム約23個分の敷地に恵まれた超巨大リゾートとして、マカオの中心地に君臨しています。
 
当初行われた第一期工事ではマカオで初となる日系高級ホテル「ホテル・オークラ・マカオ」、数々の受賞歴を誇る「ギャラクシー・ホテル」、複数のヴィラとスパが充実した「バンヤン・ツリー・マカオ」とカジノ、波のプールが建設されました。
IMG_3593

そして2015年の第二期工事では全室スイートルームの5つ星ホテル「ザ・リッツ・カールトン・マカオ」とアジア最大規模の「JWマリオット・マカオ」、マカオ一大きな映画館を有した「ブロードウェイ・ホテル」が新たに仲間に加わり、マカオ至上最高のリゾート施設として新時代の幕開けを迎えました!

いかがですか?もはやリゾートの枠を飛び越え、一つの都市のようですよね。
 
今回私が宿泊したのが写真左にそびえ立っている「ホテル・オークラ・マカオ」です。夜になっても窓から外を眺めると黄金の輝きが目の前に広がり、まるで自分が大富豪のお嬢様になったかのようでとてもワクワクしたのを覚えています!

 

アクセス抜群◎フェリーに乗って香港からマカオへ!

IMG_3565

休暇がとりづらい方にとって渡航時間が短いグアムや台湾はとても人気ですが、なんと日本から香港も飛行機で3時間ほどで行けてしまいます!そして香港空港からフェリー乗り場まで移動し、噴射飛航(ターボジェット)に乗船して1時間ほどでマカオに到着します。
 
ところで、「マカオ」って一体どこ?中国?と思っている方、意外と多いのではないでしょうか?筆者もてっきり中国の一部だと思っていたのですが、どうやらマカオは2016年現在ではまだ完全に中国の都市ではなく、「特別行政区」と位置づけられた立派な国なんだそうです!

 

これが、新時代の幕開けを迎えたギャラクシー・マカオだ!

マカオ=カジノの時代はとうの昔のこと。ギャラクシー・マカオにはワールドクラスの豪華ホテルが6つと、世界最長575mの流れるプールを含むリゾート施設、スパ、レストラン、ショッピング街、バー、ウェディング施設が用意されています。
 
それでは、今回特におすすめしたい4つのホテルをご紹介します!
 

「全室スイートルームで贅沢なひとときを」ザ・リッツ・カールトン・マカオ

IMG_3583

館内を占めるほとんどが大理石で覆われており、高級感はリゾート内で間違いなく1位です!また、リッツ・カールトンが全室スイートルームのホテルを提供したのはここギャラクシー・マカオが初の試みというのだから驚きです。
IMG_3614
ベッドはキングサイズで室内の広さは85㎡と窮屈のない優雅な動線を描くことができ、内装も全てが大理石です!気になる費用は一泊約10万円!これでプールも入り放題とあれば高い買い物ではないのではないでしょうか?

1 2 3 4 5次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。