ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

物がないからこそ考える人間が育つ国、キューバの魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜深夜24時からの番組「MAGAZINE HOUSE RADIOFAST」(ナビゲーター:安藤桃子)。7月29日のオンエアでは「キューバ」をキーワードにお届けしました。

「この国の人々は、生まれるときは貧乏だが、死ぬときは金持ちだ」

これはキューバにまつわる格言です。キューバでは住んでいる人々の所得は低いそうですが、物価も安く、教育費や医療費は無料、さらに医療は世界的にもトップクラスとのこと。安藤も「人の心が豊かな国なんじゃないの?ってイメージがある」そうで、ラテン音楽や夏場のモヒート、葉巻を吸っているおじいさんのかっこよさなど、その独自の文化から一度は行ってみたいと思っていたのだとか。

そんなキューバについて、幼少期をキューバで過ごし、現在はキューバレストラン「ボデギータ」、旅行代理店「トラベルボデギータ」代表の清野史郎さんにお話を伺いました。

「革命間もない頃にキューバが日本からマグロ船を購入して、それを期に、1963年頃から1972年頃まで150人くらいの日本人が、漁業指導にキューバに行ってて」(清野さん、以下同)。

1964年4月頃、4歳のときにマグロ船と一緒にキューバに移住した清野さんは「気が付いたときにはスペイン語で授業していた」のだとか。

続いて、学校で起きた印象深いエピソードを語りました。「学校で朝礼が始まった。それで僕、たまたま何の役目かわからないのだけども、キューバの国旗を持ってたんですよね」。その朝礼では、校長先生が涙ながらにチェ・ゲバラがボリビアで亡くなったことを発表。「そのときつい、キューバの国旗に口づけをしてしまった」と清野さん。

その後、清野さんが12歳のとき(1972年)に日本へ帰国をすることになりますが、カリブの国に住む人々は、流浪の旅をし続けている人が多く、豊かな国に行くことへの憧れが強いそうです。清野さんも、キューバ人的な感覚から、キューバを出る悲しさではなく、豊かな国への憧憬が強かったのだとか。

続いて話は、清野さんの考えるキューバ人像について。「彼らにとって一番大事なのは、ファミリー。海外に出て、それで凱旋するときには見栄たっぷりで。それはファミリーに見せるためだから、すべてにおいてファミリーですね」。キューバ人は平均して教育レベルが高いとのことで、街の新聞販売員に話しかけられ「お前、日本人か? 8月6日は広島で…」といった具合になるほどだとか。そのため、キューバの中にとどまらず、海外に出て成功する若者も多いそうなのです。

また、情報や物が少ないからこそ、ない中で何かを創り出すことに長けているのだそう。

「たとえば、キューバに残っているアメ車を開けると、ここはトヨタ、ここはフィアットって…パーツを組み合わせて、くっつけてやっていて、この人すごいなって思うもん。ない中で、人間は考えるもんだなって思うから、キューバの文化的レベルを感じることはありますね」

これを聞いた安藤は「音楽もそうですけど、カルチャーがすごく強い国だなと思うので、そこはやっぱり確固たる自信になっているのかな? って思ったり。キューバ人であるということを、コンプレックスに思っている人は少ないのかな?と思ったんですけど。…ということは、アイデンティティがきちんとある。キューバで生まれて暮らしてきたことに自信があるからこそ、外に出たときに成功するんじゃないのかな」と語りました。

また、「ない中で、人間は考える」という清野さんの意見について安藤は次のように話しました。

「逆に言ったら、なんでもあるから、自分で考える力が衰えているって考えると、物が溢れかえっている時代の中で『やっぱキューバ人つえーな』って今思いました」(安藤)

最後に、キューバ旅行を取り扱う旅行代理店も経営している清野さんに、キューバ旅行を楽しむポイントを聞きました。

「たっぷり日にちをとること。あと、いろいろなところに行かず、ビーチでのんびりして帰ってきた方がいい。キューバの魅力は人だから、人間観察していた方がいいと思うんですよね。どっかのバーに入ってご飯を食べたり飲んだりしながら、演奏を聴いたり、バーテンダーやお客さんたちと会話をすることがすごく大事」

人が魅力のキューバ。思わずキューバ旅行へ出かけたくなるオンエアでした!

【関連サイト】
「MAGAZINE HOUSE RADIOFAST」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiofast/pc/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP