ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

限界突破!超人的な「パラリンピック」の迫力に圧倒される動画。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月7日にリオデジャネイロで「もう一つのオリンピック」が開幕します。これはそのPR動画。日常生活の中で限界を感じることって誰にでもありますが、この動画を見ていると不可能なんてない!って思えてきます。

合言葉は、
「YES, I CAN」。

Channel Four Television Corporation」が公開した動画では、両腕のないドラマー、片腕のベーシスト、指のないギタリスト、目が見えないピアニストなどなど、障がいのあるジャズミュージシャンの軽快な演奏をバックに、様々な競技の選手が紹介されます。

視覚的にどんな競技なのかがわかる内容になっており、驚かされるシーンが満載。

足のないランナー。

腕のないスイマー。

車いすフェンシングの選手。

足でハンドルを握るドライバー。

関節で体重を支えるクライマー。

聴力を頼りにフィールドを駆け巡るブラインドサッカー選手。

どれも、とてつもないことをやってのけていますよね。その身体能力や気迫は、健常者のアスリートと比べてもまったく引けをとりません。むしろ、そのパフォーマンスの勢いにハッとさせられるインパクトが。

そのせいもあってか、パラリンピックの魅力のひとつは“心のバリアフリー”を感じることとも言われています。

日本財団パラリンピックサポートセンター」によれば、7月15日時点で127名が日本代表選手に選ばれました。開幕まではあと1ヶ月ほど。今のうちに競技や選手をチェックしてみては?

Reference:日本財団パラリンピックサポートセンター
Licensed material used with permission by Channel Four Television Corporation

関連記事リンク(外部サイト)

【太田雄貴プレゼンツ】これさえ見れば、リオ五輪の「フェンシング」をもっと楽しめる!
アメリカの競泳代表選考会。選手の緊張をほぐす「30匹のセラピー犬」が話題に
2018年に打ち上げ予定!「人工流星群」が見逃せない。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP