ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歩き方を変えれば自然に美脚になれちゃう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どんなにエクササイズをしても食事を見直しても、あらゆるダイエットに取り組んでもなかなか理想のボディが手に入らないというあなた。日常生活で一番大切な基本動作「歩く」について見直してみませんか。「特別のエクササイズではなく、日常生活が体を作る!」と肝に銘じ、いまいちど正しい美脚を作る歩き方について確認していきましょう。

かかとから着地して母子球で蹴るは間違いだった?

みなさんは「正しい歩き方」と聞いてどのような歩き方が頭に浮かびますか? 一般的に「かかとから着地して母子球(親指の付け根)で蹴りだす」という歩き方が正しい歩き方として伝わっていると思いますが、実はこの歩き方には問題があるのではないか、と指摘されているのをご存知でしょうか。もうひとつ「できるだけ膝を曲げないで歩く」というのもありますが、これも実は間違いなのではないかといわれるようになっています。

かかと着地、膝をピンと伸ばすことの弊害

まず「かかとから着地して歩く」ことの問題点について調べてみました。これは健康維持のためにウォーキングをはじめた中高年に多いのですが、かかと着地を意識して「早歩き」をするウォーキングを数ヶ月続けることによって膝や腰に痛みを訴える人がとても多いということがわかっています。かかとから着地をするとかかと全体に体重の約3倍の重力がかかり、それが過剰な衝撃となって膝や股関節、骨盤全体に多大な影響を与えるからです。膝がねじれる、骨盤がゆがむ、そして骨盤は背骨とも連動していますから背骨が歪むことによって、首や肩にも不調が起こるというのは十分に考えられます。
つぎに「膝を伸ばして歩く」の問題点について。歩行時だけでなく立っている時にも、膝の裏をぴんと伸ばし切っているのは実は体に良くないことだとわかってきています。膝裏を必要以上に伸ばして歩くと地面からの衝撃をかわせなくなります。また膝裏が伸び切っていると骨盤が前側に傾き(前傾)重心も前のめりになります。そのため太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)が発達し、骨盤よりも太ももの前側のほうが張り出す、いつもパンパンという状態になります。これは女性がヒールを履いている時の状態と同じです。太ももの前の筋肉は極力使わず、骨盤は地面に対してまっすぐかやや後傾気味、体の背面全体(背筋)で支えたほうが体は歩くだけでスリムになっていき、不要な力を使わずに長時間歩くことができるようになっているのです。前のめりをやめればふくらはぎの肥大もなくなりますので、足のむくみも解消しやすくなるでしょう。膝を曲げて歩く必要はありませんが、膝裏は緩めて、骨盤をまっすぐからやや後傾という姿勢で歩くよう意識するのが「美脚ウォーク」の第一歩です。

正しい美脚ウォークとは?

それでは「足裏」と「膝」に着目して、本当に美脚になれる歩き方についてご紹介しましょう。まず歩く前にすっと立ってみてください。この時に足指、足指の付け根、かかとのいずれも浮いている所がないように、しっかりこの3点で大地を感じましょう。そして土踏まずの下の方(うちくるぶしの内側のラインの真下)あたりに一番重心を感じ取るようにします。ここが正しい重心線になります。
そして歩き出します。これまでのように「かかと」と「母子球」の2点で蹴り上げるようにバランスを取ろうとはせず、かかと、足指の付け根(母子球から小子球まで)、そして足の親指の腹から小指の腹までの3パーツがほぼ同時に着地できるスピードで歩くようにしましょう。もちろん膝はのばしきりません。足を上げる時、足首をしっかり前面に伸ばすことで、膝は少し曲がりますが自然に太ももが持ち上がります。そしてこの3パーツがほぼ同時に着地できるのが自分にあった歩幅です。この歩幅で上半身は極力ゆらさずに歩きます。

足の裏というのは見過ごされがちですが、非常に重要なパーツです。安定した状態で歩くことができれば身のこなしに無駄や力感がなくなり、滑らかな歩行姿勢に変わります。足音も気にならなくなります。体はどんどん活性化され、代謝もあがり、美脚だけでなく全身の健康とスリムを手に入れることができるようになるのです。

writer:サプリ編集部

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP