ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニッチロー’ 3000本フィーバーのマイアミで写真せがまれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米大リーグ・マーリンズの地元・マイアミで道行く人から次々と祝福の言葉を贈られる日本人──。

「歩いているだけで写真をせがまれて……」

 そう語るのはメジャー通算3000本安打フィーバーで全米の注目を集めるイチロー(42)……ではない。モノマネ芸人のニッチロー’(37)だ。打席に入る際のイチロー独特のルーティーンを“完全再現”する芸で一躍有名になったお笑い芸人である。モノマネだけでなく、顔までそっくりなので地元・マイアミのファンも区別がつかなかったようだ。

 ニッチロー’は5年前からイチローのモノマネを始め、度々渡米してはイチローの試合を観戦している。

 まだイチローがマリナーズに所属していた2011年、試合観戦中にフェアの打球をファウルボールと勘違いし、スタンドから手を伸ばして捕球してしまったことがあり、退場処分になりかけた。

 このときニッチロー’があまりにイチローに似ていたため、アメリカのスポーツ専門テレビ局・ESPNが大々的に報じ、ニュース番組でも繰り返し取り上げられた。イチローに便乗する形でいきなり全米の注目を集めたのである。

 そんなニッチロー’はイチローのメジャー通算3000本安打を見届けるため、7月21日から再び渡米することを決意。今回はユニフォーム姿で観戦したところ、周りのファンに試合そっちのけで注目されてしまい、“私服観戦”に変えなくてはならないハプニングもあった。

「マイアミに来て、あらためてイチロー選手の人気、凄さを実感できました。イチロー選手が打席に立つたびにスタンディングオベーションでイチローコールが起こるんです。私がイチロー選手について語るなんておこがましいですが、これからも応援し続けます」

 惜しくも3000本安打まで残り3本というところで帰国の日が来てしまったというニッチロー’。

「3000本の特需で仕事は増えましたが、笑いの打率はイチロー選手より低いままです……」

 そう自虐的に締めくくったが、無名の芸人の存在を全米に知らしめてしまうほどのイチローのすごさを改めて実感させられた。

※週刊ポスト2016年8月12日号

【関連記事】
ニッチロー イチロー快挙祝福「負けないパフォーマンスしたい」
福本豊氏「脚力と年齢は関係ない」とイチロー脚力低下を否定
ニッチロー イチロー2年契約残留で「2年は食っていける」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP