ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やっぱり出た!心霊スポットでのお泊りデートにご用心 ~ツッコみたくなる源氏物語の男女~

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

夏といえば、海水浴や登山、花火大会と並んで肝試しや怪談話もはずせませんね。でもふざけて心霊スポットに行くと、怖い目に遭うという話も聞きます。今回は源氏と夕顔を襲った、心霊スポットでの悲劇を紹介しましょう。

気分転換に、噂の心霊スポットでお泊りデート

狭くて粗末な五条の夕顔の家。御殿や豪邸を見慣れた源氏には、隣近所の庶民の声や、生活音も新鮮な面白さがありました。でも来るのも大変だし、落ち着かない。「ここも楽しいけど、近所の音がうるさいね。一緒にお出かけしよう」。

夕顔が不安そうなので、源氏は「私とあなたのどちらがキツネかな。だまされてついておいで」と言っているのも、怪談話の伏線的です。源氏は夕顔と、彼女の乳姉妹の右近という女房を連れて移動します。

二人がやってきたのは、『なにがしの院』。昔は皇族が住んでいた広い邸でしたが、今は草ボーボーの荒れ放題。ジットリ湿った霧が出て、こんもりした木々にフクロウが「ホー…ホー…」と鳴くのも気持ち悪い。この場所のモデルは実在した『河原院』と言われ、怪談話が多く残っています。

翌朝、源氏は「ほら、あの夕顔の扇の…」とついに正体を明かします。夕顔は「あら、カッコいいと思ったのは見間違いだったみたい」。冗談をいうものの、どうしても名乗りません。「教えてよ」「うふふ……」2人はイチャイチャして、日がな一日過ごします。

夕顔はまだここが怖いのですが、右近は(頭の中将さまとお付き合いの頃、こんなお出かけがあったわ)とちょっとウキウキしています。

こだまでしょうか、それとも……物の怪登場

夜、少し寝入った頃。源氏の枕上に美しい女が座り「私がお慕いしていますのに、こんなつまらない女とご一緒されて。恨めしや…」。隣の夕顔に触れようとします。ゾッとして、源氏が枕元の太刀を引き抜くと、女はスーッ……と消えていきました。彼女を守ろうと、太刀を引きぬくアクションはちょっとかっこいい!

気がつけば灯りも全て消え、あたりは静まり返っています。右近に灯りを持ってくるように言いますが、ガタガタ震え「怖くてとてもとても……」。夕顔はひどく汗をかいてぐったりし、様子が変です。「誰か!」源氏は手を叩いて人を呼びますが、廊下の奥にこだまするばかり。手を叩く音のこだま、気持ち悪いですね……。

源氏は自分で行って、灯りや魔除けの指示を出します。戻ってくると右近は夕顔にしがみついていました。「しっかりしろ。こういう場所ではキツネや物の怪が取り付いたりする。でも私はそんなものに負けないぞ」。源氏、男らしいぞ!頑張れ!!

やっと来た灯りを掲げて夕顔の様子を見てみると、またあの女がフッとあらわれて消え、夕顔はもう死んでいる。「夕顔!私を悲しませないでくれ……」源氏の呼びかけもむなしく、彼女の体はどんどん冷たくなり、右近は怖さも忘れ、狂ったように泣きます。

死んだ夕顔、泣き叫ぶ右近。正気でいるのは自分だけ。今日に限って惟光はどこか行っていて捕まらない。灯りに影が怪しく揺れるのも、建物がギシギシいうのも、物音のすべてが物の怪の仕業のように思えます。(どうしてこんな目に遭うんだ…)。ポルターガイスト現象に耐えながら、源氏は長い長い一夜を明かしました。

恐怖体験から一夜明け、悲しみに混乱する源氏

明け方、惟光が参上。源氏は(いつもいるくせに、こんな肝心なときにどうしていないんだ!)と言いたいのですが、思いがこみ上げてすぐに話せない。泣きながら「どうしよう…夕顔が……」。緊張が緩んでホッとしたんでしょう。昨日の夜は源氏は大健闘でした。

これには惟光も思わずもらい泣き。でも、二人とも17歳位の若者、こういう時どうしていいかわからない。目の前で変死事件が起きたんだから無理もないです。それでも惟光は考えて「ここの管理人に知られるのもマズイし、五条だと人目につく。知り合いの尼がいる山寺にお移しして、そこで葬儀を営みましょう」。

源氏は山寺についていこうとしますが、惟光は「馬で、とにかく二条院にお帰りを」。源氏が馬に乗るのに、指貫(さしぬき。男性の履物で長いかぼちゃパンツ風)の裾をくくってあげます。源氏は服装どころではなかったんでしょう。甲斐甲斐しい惟光です。

源氏は真っ青な顔で帰宅し、帳台にこもります。(やっぱり寺についてけばよかった。物の怪の仕業なら、寺で息を吹き返すかも。気がついて、そばに私がいないと知ったらどんなに悲しむだろう。あんなに怯えていたし…)。そう思うと胸がつまり、体中が痛くて苦しくてたまらない。自分ももう死ぬんじゃないか。女房たちは、源氏が朝食にこないので不思議に思います。

惟光の読み通り、心配した帝の使いや頭の中将がやって来ました。「昨日も宮中に来なかったけど、どうかしたんですか?」部屋に上がろうとするので「そのままで。急な死の穢れに触れた」。死の穢れに触れた人の家や、体に触るとアウトです。ちょっと“エンガチョ”みたいですね…。

頭の中将は「では帝にそうお伝えします。でも、ホントは女でしょ?」とカマをかけますが、源氏はただただ「ごめん、今日はもう」。頭の中将が真相を知るのは、十数年後になります。

「これ以上死人が増えたらオレが困る」惟光の孤軍奮闘

一方、惟光は大変でした。夕顔は生き返る様子なく、葬儀の手配などを頼みます。右近は絶望のあまり、谷間に投身自殺を図りますが、惟光がギリギリで止めます。頼むからもうオレの仕事を増やさないでくれ!!

夕方、源氏に報告に戻ると「最期に一目会いたい」。それもまた難儀ですが、あまりに悲しんでいるので仕方なく山寺へ。源氏は夕顔の手を握り「もう一度、声を聞かせてくれ。あんまりだよ」。源氏は我慢を忘れ、声を上げて号泣しました。いろんな死別シーンが出てきますが、この激しさはなかなか印象的です。

さらにフラフラの源氏は落馬し「道端で死ぬ運命なんだ。もう家に帰りつけそうにない」。惟光もさすがに困り果てて「どうしても、というから連れてきたけど、やっぱり止めときゃよかった!」。もうこの話のMVPは惟光で決定ですね。ご苦労さまです。

源氏はその日から1ヶ月ほど寝込みます。回復してきた頃、二条院に連れてきた右近に話を聞くと、思った通り、夕顔は頭の中将の昔の彼女で娘もいることが判明。享年19歳でした。「夕顔のように頼りなげで可愛い女性は理想的だ。ここで一緒に暮らそうと思っていた」。「本当にピッタリの方でしたのに…」右近はこれ以降、源氏付きの女房として仕えます。

四十九日の法要の時に、源氏は夢に夕顔と、あの物の怪の女を見ます。「あの廃院にいた魔物が源氏に魅入られて、夕顔を取り殺したのだろう」。ここで夕顔の話はおしまいです。夕顔の花のように、夜半に急死した不思議な女性との恋。神の化身やキツネや、物の怪に彩られた、オカルト色の強いお話でした。

空蝉の時のやりたい放題ぶりから考えると、物の怪から夕顔を守ろうとしたり、夕顔の死に号泣したり、落馬したりと、源氏の若者らしさや純粋さが全面に出ていて、可哀想ですが共感できます。それにしても、面白半分で心霊スポットに行くのはやっぱり怖いですね。そこで何が起こるかわかりませんから……。

簡単なあらすじや相関図はこちらのサイトが参考になります。

3分で読む源氏物語 http://genji.choice8989.info/index.html
源氏物語の世界 再編集版 http://www.genji-monogatari.net/

(画像は筆者作成)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 相澤マイコ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP