体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いますぐ行きたくなる「ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館」5つの魅力

この世にたくさんの名作を生み出し世界中の多くの人に夢と希望を与えてきた、ウォルト・ディズニー。その彼の生涯を展示する博物館がサンフランシスコにあるのはご存知でしたでしょうか? ミッキーとウォルト・ディズニーの深い関係、家族関係、彼の人柄など、普段あまり知ることのできない、いますぐ博物館に行きたくなる5つの魅力をご紹介したいと思います。

1.ウォルト・ディズニーのことを知ることができる

ディズニーファンに贈る、遊び心をくすぐる大人向けの穴場博物館!
(C) facebook/The Walt Disney Family Museum Facebook Page

この美術館の最大の魅力というのはここにあります。今なお沢山の人に愛され続けているディズニーというアニメーションを創り上げた「ウォルト・ディズニー」。その彼の生涯のほとんどはディズニーと共にあったと言われていますが、成功の裏に隠された彼の並外れた努力やイマジネーション、そして彼の人となりや功績などは意外と知らない人も多いはず。そんな「知らなかった!」のすべてがここには詰まっているんです。

■関連記事
イギリスの風景をディズニー映画の世界に変えてしまうフォトグラファー

http://tabizine.jp/2016/06/03/75405/

2.テーマパークではない、大人向けの博物館

ディズニーファンに贈る、遊び心をくすぐる大人向けの穴場博物館!
(C) facebook/The Walt Disney Family Museum Facebook Page

博物館に“ファミリー”と付くので、「家族向けなのかな?」と思う方も多いと思いますが、実はこれはウォルト・ディズニーの家族にまつわる話や彼自身の生涯の記録を展示しているからという理由にあります。彼の父親が事業に失敗してから苦難の多い時期を送っていたことや妻リリアンとの出会い、アニメーションにかける情熱、そんな人間味溢れるウォルトディズニーの生涯の逸話をここでは垣間みることができます。展示されている作品にはそれぞれ説明がついているので、じっくり見て回りたいという方、お一人様にもオススメです。

3.ここでしか見られない現物の版画などが展示されている

ディズニーファンに贈る、遊び心をくすぐる大人向けの穴場博物館!
(C) facebook/The Walt Disney Family Museum Facebook Page

この博物館では、ウォルト・ディズニー自身が実際に書き下ろした版画や、初期のミッキーから今現在に至るまでのミッキーの歴史を見ることができます。そんなウォルト・ディズニー自身が手がけた実際の作品をまじまじと見ていると、自然とその世界観に引き込まれていくのを感じるはず。彼の物作りにかける執念とその偉大さ、そして「人々をハッピーにしたい」という原点の想いは、ディズニーファンのみならずたくさんの人の心に何か波打つものがあるのではないでしょうか。

■関連記事
【60周年イベントは9月まで】ディズニーランドに行くなら今年がおすすめ!

http://tabizine.jp/2016/05/22/72452/

3.裏話を知ることができる

ディズニーファンに贈る、遊び心をくすぐる大人向けの穴場博物館!
(C) facebook/The Walt Disney Family Museum Facebook Page

実はミッキーマウス、ミニーマウスの名前には裏話があり、本来ミッキーは「モティーマー」、ミニーは「ミネルヴァ」として世に送り出そうとしていたところをディズニーの妻リリアンに止められたという秘話は知っていたでしょうか? そして初めて発した言葉はなんと「ホットドック」! 日本で言うと「おにぎり」となるようなセリフですが、そんな秘話や裏話の紹介も満載なんです。

5.ミッキーとウォルトディズニーの関係性を知ることができる

ディズニーファンに贈る、遊び心をくすぐる大人向けの穴場博物館!
(C) facebook/The Walt Disney Family Museum Facebook Page

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。