ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Googleカメラ」には今後、追加グリッド 4×4、黄金比、スクウェアが利用可能になる見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nexus や Android One の標準カメラアプリとなっている「Google カメラ」において、今後のアップデートでさらなるグリッドが利用できるよになることが分かりました。これは、Android Police で実行された v4.1 の APK 分解調査より判明したことです。グリッドは写真撮影で構図を決める目安として活用されており、現在は 3×3 グリッドを利用できますが、APK ファイルにはさらに 3 種類の追加グリッドが仕込まれていることが判明したのです。追加グリッドは、4 x 4、黄金比、スクウェアです。スクウェアは Instagram などで使用される 1×1 写真を撮影するのに役立つと見られます(トリミングしなければならないでしょうが)。Source : Android Police

■関連記事
Windows 10 AnniversaryアップデートでAndroidの画面をWindows 10 PCにミラーリング可能に
「ポケモンGo」のAndroid版がv0.31.0にアップデート、アバターの編集機能が追加、様々な問題が修正される
多機能システム最適化アプリ「HTC Boost+」のサポート端末が大幅に拡大

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。