ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「もう一度やりたい…!」懐かしい遊びTOP10

DATE:
  • ガジェット通信を≫


気がつけば夏休みシーズン! 子どもたちが外で元気よく遊ぶ姿を見かけると、ワイシャツをTシャツに着替えて、童心に返って遊びたくなる気持ちが湧いてこないだろうか。「あのころは悩みなんてなかったな〜」なんて無邪気な時代に思いを馳せながら…。そこで、30〜40代の男性社会人200人に「童心に返ってやってみたい」と思うスポーツや遊びを調査してみた。

【もっと大きな画像や図表を見る】

■童心に返ってやってみたい遊びTOP10

(全15項目から上位3項目を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計)

1位「ドッジボール」243pt
2位「キックベース」218pt
3位「缶蹴り」111pt
4位「ドロケイ(ケイドロ)」108pt
5位「ローラースケート」82pt
6位「鬼ごっこ(高鬼、色鬼など含む)」76pt
7位「だるまさんが転んだ」69pt
8位「スケートボード(スケボー)」55pt
9位「竹馬」47pt
10位「跳び箱」45pt

番外
11位「大縄跳び(縄跳び)」41pt
12位「ハンカチ落とし」32pt
13位「一輪車」25pt

圧倒的に多かったのが「ドッジボール」。そして僅差で「キックベース」と続く結果になった。いずれも学校の体育の授業で経験したり、放課後友だちを集めて遊んだりした人が多いが、大人になってしまうとなかなかできないものといえそう。ではそれぞれのスポーツ・遊びを選んだ人のコメントを紹介しよう。

【1位 ドッジボール】
「小学生の時、得意種目だった。」(47歳)
「スリルがあるから」(44歳)
「なつかしい、もう一回童心に返りたい」(43歳)
「狭いコートの中でもう一度ぶつけたい」(41歳)
「小学生のときに一番はまった」(31歳)
「年齢関係なくできる遊びだと思うから」(35歳)
「スポーツとしても成立するし、 相手にぶつけるということで工夫や戦術が必要」(48歳)

【2位 キックベース】
「実際にやれそうなのがこれしかない」(42歳)
「小さい頃、学校でよくやっていた」(37歳)
「簡単で楽しい」(45歳)
「こどものときに燃えた」(42歳)
「おもいっきり蹴り飛ばしたい」(48歳)
「小学生の頃、他のスポーツよりも成績が良かった」(36歳)
「実際にやれそうなのがこれしかない」(42歳)
「ルールが分かりやすいから」(38歳)
「楽しかった思い出があるから」(30歳)

【3位 缶蹴り】
「小さい頃一番遊んだから」(49歳)
「子供の頃からとても好きな遊びでした。いつの間にかやらなくなって寂しいです」(41歳)
「小学生のころ友達と夢中で遊んでいたから」(31歳)
「鬼との駆け引きが面白い」(39歳)
「懐かしい」(49歳)
「空き缶は道端や公園に落ちていて、お金がかからない遊び」(48歳)

【4位 ドロケイ(ケイドロ)】
「大勢で本気でやってみたい」(35歳)
「みんなで追い掛け回す感覚を感じたい」(39歳)
「小学生の頃に男女一緒になって公園で走り回った思い出があり、今でも鮮明に記憶に残っているから」(30歳)
「ルールは覚えてないが面白かった覚えがある」(44歳)
「今ならもう少し戦略的に遊べそうな気がする」(34歳)
「最後の一人まで逃げて、仲間を助けたときのドキドキ感はたまらない」(36歳)
「何も考えず楽しくできそう」(42歳)

【5位 ローラースケート】
「よくやった思い出がある」(43歳)
「昔よく使用していたから」(39歳)
「大好きだったから」(44歳)
「たまに滑ってみたくなるけど、恥ずかしくて出来ないので」(37歳)

【6位 鬼ごっこ(高鬼、色鬼など含む)】
「誰でもできるから」(48歳)
「大人になってからだと色々と考えてできそうでおもしろそう」(33歳)
「鬼ごっこのほか“氷鬼”や“高鬼”など、休み時間にクラス全員でやった記憶があるから」(32歳)
「思い切り走り回りたい」(45歳)

【7位 だるまさんが転んだ】
「振り向くのが面白いから」(47歳)
「おもしろかったので」(47歳)
「子供のときよく遊んだので」(46歳)
「懐かしい」(49歳)

【8位 スケートボード(スケボー)】
「かっこいい」(42歳)
「おもしろいから」(39歳)
「今できたらかっこいい」(42歳)

【9位 竹馬】
「少し得意だったので」(38歳)
「上手く乗れると面白いから」(39歳)
「疲れないもので出来そうなのがこれくらいしかない」(42歳)

【10位 跳び箱】
「今できるかどうかチャレンジ精神が湧き上がるので」(46歳)
「今ではできない」(40歳)
「筋肉番付を見て、やってみたいと思っている」(45歳)

「大人になった今だからこそ上手にできる」という声がある一方、 恥ずかしかったりといった理由で「今はできない」という声も聞かれた。とはいえ、みなさん結構「もう一度やりたい」という思いを抱いているご様子。お盆休みに実家に帰る人は、昔の仲間を集めて懐かしい遊びを提案してみるのも面白いかも?

(吉々是良)
(R25編集部)

「もう一度やりたい…!」懐かしい遊びTOP10はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

女子が引かない合コンアピールは「運動神経&体力」!?
「ドッジボールは暴力」に賛否
日本発の新スポーツ「アーチェリーハント」を体感!
ビジネスマンが日常生活で感じる“小さな幸せ”TOP10
興味ない彼氏の趣味、付き合うのが最も苦痛なのは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP