ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エスカレーター立つのは右か左か みんな納得できるルールを

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 地方色が薄れているといわれるなか、それでも地方によって流儀が異なるものがある。エスカレーターを利用するとき、右側に立つべきか、左側に立つべきか。英国の「EU離脱投票」を見習って日本の大問題も国民投票で決めてしまおうという『週刊ポスト』の特集より、宮本勝浩・関西大学名誉教授が問題提起する。これも昨今話題の「国民投票」にしてもいい案件か?

 * * *
 エスカレーターを歩く人のために、「左側に立って右側を空ける」か「右側に立って左側を空ける」か。この“身近な大問題”をみんなが納得するかたちで解決するにはどうすべきか。

 右か左かは、「関東と関西の違い」とよくいわれる。たしかに大阪では以前、阪急が動く歩道で、「左側を空けてお立ちください」とアナウンスを流していた。ただ、出張で全国に行った経験からすると、右側に立つのは関西の中でも大阪、兵庫、奈良くらい。京都では左側に立っている。

 ただ、全国的に見れば少数派の“大阪流”のほうが理にかなっている。エスカレーターを歩かない人はお年寄りが多いが、利き手の右手で手すりを持ったほうが安全だろう。

〈大阪で「右側に立つ」という習慣が定着している理由には諸説あるが、1970年の大阪万博で動く歩道が登場した際に「左側を空ける」スタイルが採用されたからだとされる。「当時、外国からの来訪者のために海外の事情を調べたところ、ロンドンもニューヨークも『左側を空ける』という習慣だった」(在阪の大手紙記者)という。〉

 何よりも問題なのは慣習の違いがトラブルの種になっていること。大阪の人が東京に行き、いつも通り右側に立っていると、後ろから歩いてきた人に「東京は左側に立つんだ」と指摘されて諍いになっている光景を見ることは多い。また、左に立つ人と右に立つ人が混在すると、ぶつかるリスクも増える。大阪でも、昔は東京から来た人が左側に立っていると、“邪魔や”“のかんかい”といわれてトラブルがよく起きていた。

 ここで興味深いのは、最近の新大阪駅の状況だ。東京から来た人が左側に立っていると、その後ろの関西人が同じように左側に立つ光景を目にするようになった。つまり「前の人に合わせる」ようになってきた。

 右に立つか左に立つかを国民投票で決めてしまう考え方もあるかもしれないが、不採用になったほうの不満が高まり、国民感情が分断される。だから、「前の人に合わせる」という選択肢を加えて、国民投票で合意形成してはどうか。

 郷に入っては郷に従うルールになれば“右派”も“左派”も納得するのでないか。

※週刊ポスト2016年8月5日号

【関連記事】
バス事故 死者が最も多い席は「前方左側」で全犠牲者の38%
優木まおみの無料ダイエット法 上半身ツイストしてヒーヒー
部屋が汚い人は「押し入れや天袋も家賃の一部」と心がけよう

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP