ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清水幾太郎が1980年に発表の「核武装論」を今、改めて読む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冷戦時代の真っ只中、国防を米国に依存することへの矛盾を声高らかに表明した社会学者がいた。1988年に物故したその男の言葉は、いま不気味な説得力を持って蘇りつつある。思想史家・片山杜秀氏が綴る。

 * * *
 日本よ、国家たれ! 核武装せねば国家に非ず。そう言い放った人が居た。清水幾太郎である。もう36年前。1980(昭和55)年のこと。オピニオン誌『諸君!』の7月号に清水は「核の選択日本よ国家たれ」という論説を発表した。

 彼は社会学者。1907年に生まれ、1988年に逝った。戦時期から活躍。戦後には論壇をリードした。「60年安保」の際には「安保反対」の市民運動の先頭に立った。社会主義寄りの「進歩的知識人」の代表と目された時期も長かった。

 その清水が核武装を唱える。「平和憲法」を有するこの国で。まさに衝撃的。私は当時高校生。『諸君!』を買いに書店へ走った。何しろ「日本よ国家たれ」。題名だけで、核兵器を持たないわが国は現代世界においてまともな大国とみなしえないと宣言している。センセーショナル! だが、中身はというと、むしろ淡々として冷静だった。

 清水は愛国者で、しかも日本の自主独立を第一義に考えた。他国にすがりたくなかった。そのうえリアリストでプラグマティスト。彼は60年には「安保反対」だったけれど、反対する知識人にもいろいろ居た。

 日米関係よりも日中や日ソの関係を重視する立場。岸信介内閣の強権的な手続きの進め方に反発し、民主主義を擁護しようとする立場。日米同盟強化を嫌うが、代わりに日ソ同盟や日中同盟を考えるわけでもなく、他国に過度に依存しない日本を目指す立場。このうち清水は最後の立場だったかと思われる。

 とすれば「安保反対」だった清水がのちに核武装を説いたことにあまり矛盾はない。自国の自主性や独立性を高めるには、自国の防衛を他国任せにすることに反対し、自国の軍事力強化に賛成するのはあまりに当然だから。

「安保」がなくなるとしたら、その後の日本の安全保障はどうなるか。日本国憲法の前文のうたうように非武装や軽武装でも「平和を愛する諸国民の公正と信義」に期待すれば平穏無事に暮らせるか。

 リアリストの清水にそんな幻想はない。強き国が弱き国を挫く。それが国際社会の鉄則。きれいごとの通る余地はない。日本は「経済大国」に相応しい規模の軍備を持たねば枕を高くして眠れない。20世紀後半の大国の条件が核武装なら、日本もそうするのが筋。「安保」の無くなるその先を、理想論を廃してプラグマティックに考えれば、どうしてもそうなる。清水は述べる。

「私たちが最初の被爆国としての特権を有するのであれば、日本こそ真先に核兵器を製造し所有する特権を有しているのではないか」

 すると清水はそんな議論を、なぜ他の年ではなく1980年に公にしたのか。その頃、米国がソ連に対して軍事的に劣勢になり、日米安保体制にも陰りが見え始めたかのようにも思われたからである。

 第二次世界大戦後、米ソは核軍備拡張競争を凄絶に繰り広げた。米国が先行し、ソ連が追う。ソ連では、スターリンを継いだフルシチョフが、通常戦力を削減して予算を核兵器に振り向けた。米ソ両国が全面核戦争に及べば人類は滅亡する。1960年前後にはそういう段階に達した。核兵器は戦力というより抑止力になった。

 戦争をやったらみんな死ぬ。核戦争に勝者なし。絶対に人類を滅亡させないためには絶対平和主義しかない。核時代に対応する人類の模範的規則が日本の「平和憲法」。そうも思えた時代がやってきた。

 が、清水によればその時代はまたたく間に終わった。フルシチョフは、通常兵器による戦争から核兵器による戦争に時代は進化してもう後戻りはしないと考えた。対して彼を継いだブレジネフは、核戦争ができなくなれば通常兵器による戦争に時代は退化して後戻りすると考えた。ブレジネフは改めて通常戦力の増強に努めだした。これはなかなか道理に適った選択だった。

 たとえばソ連を中心とするワルシャワ条約機構軍が資本主義陣営の西ヨーロッパに機甲部隊と航空部隊で侵攻したとする。撃退のために核兵器を用いれば全面核戦争に発展するかもしれない。怖くてできない。となれば結局、戦争の形態は古典的なものにとどまる。二度の欧州大戦と同じく戦車や飛行機の多寡で勝敗は決着するだろう。

 ソ連の急激な通常戦力の拡大に西側は遅れをとっていた。核戦争でない大戦争なら東側が西側に勝つのではないか。米国はベトナム戦争で疲労困憊してもいた。

 そして1980年を迎える。米国はカーター大統領。ソ連に弱腰。同盟国への配慮も熱意を欠いていた。いざというときは西ヨーロッパを守りきれないかも、とまで言い出していた。

 それに清水は敏感に反応した。日本で「安保反対」と言わずとも、米国の方から「安保解消」と言ってきかねない。「平和憲法」に基づく絶対平和主義を掲げつつ実質的には米軍の力を頼むという虫の良い生き方を、日本はもう出来なくなるかもしれない。

 絶対平和主義から現実的平和主義へ。米国依存から自主独立へ。そのためには、核武装によって大国としての発言力を担保しつつ、ソ連軍の日本侵攻に備えて通常戦力の充実も速やかにはかり、日米安保体制が脆弱化していったとしても、日本の存続をはかれるように努める。米国を信じないナショナリスト、清水のたどり着いたヴィジョンであった。

 だが、清水のこの衝撃的見解はたちまち忘れ去られたように思う。1981年、米国の大統領はカーターからレーガンに代わった。米国の姿勢は大きく変化した。対ソ強硬路線が改めて追求された。日本の首相も1982年から中曽根康弘に。日米関係は緊密化した。ソ連の方は極端な軍拡の経済負担も要因になって崩壊に向かった。清水や、清水の敬愛したフランスの社会学者、レイモン・アロンが信じていたほどには、ソ連は強靭ではなかった。

 それから長い歳月を経た。いま米国は長い「対テロ戦争」の疲労を抱えて内向きになっている。1980年と似たところがたくさんあり、しかもレーガンのようなタイプの人物はなかなか現れないだろう。日米同盟の有効性も減じてゆく方向にあると思われる。

 日本よ、国家たれ! この名セリフは「改憲」と「反米」と「愛国」と「核」を強力に接着する。「清水幾太郎の時代」が再び巡ってくるのではないか。どうもそんな気がする。

【PROFILE】片山杜秀●1963年生まれ。思想史研究者、音楽評論家。慶應大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。慶應大学法学部教授。近著に『見果てぬ日本 司馬遼太郎・小津安二郎・小松左京の挑戦』。

※SAPIO2016年8月号

【関連記事】
「戦争ができる国作り」が進む日本の現在の状況を分析した本
戦争を回避することがでなかった理由を紐解く『昭和史講義』
米国の地上攻撃用宇宙兵器“神の杖” 破壊力は核爆弾に匹敵

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。