ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

午後ワイドなら『ミヤネ屋』といわれる強さの秘密

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、スタートから10周年を迎えた『情報ライブ ミヤネ屋』の圧倒的な強さの秘密を探る。

 * * *
 06年7月にスタートした『情報ライブ ミヤネ屋』(以下、『ミヤネ屋』の10周年を記念し、29日、大阪市内のホテルで記念パーティーが行われた。

 司会は番組アシスタントの林マオアナウンサーと藤村幸司リポーター。その二人が宮根誠司さんを呼び込み、場内にEXILEの『RISING SUN』が大音量で流されると、露払いとして、まず扉から出てきたのは、宮根さんとの“不仲”がネット上で度々取りざたされるフロアディレクターのI氏だった。

 続いて宮根さんが場内を埋め尽くした番組スタッフに会釈をしながら入場。東京から駆け付けた20人ほどのコメンテーターが座る席にまた深々と頭を下げながら回り、そこから“お開き”になるまで、宮根さんはほぼ立ちっぱなしだった。

 当初は関西ローカルだった『ミヤネ屋』の前身は宮根さんがMCを務める『激テレ★金曜日』だった。

 在阪のライバル局、朝日放送の人気局アナから04年3月、フリーに転身した宮根さんを読売テレビ幹部が口説き落として、連れてきたのである。

 と言っても、当初はまだ朝日放送の看板番組『おはよう朝日です』のMCを務めていた宮根さん。読売テレビでの週に一回の出演でさえ、生放送をキープできず、前日の夕方に収録せざるを得ないこともあった。

『激テレ★金曜日』の放送期間は05年11月〜06年7月までの9か月間で、その後、月〜金帯の『ミヤネ屋』がスタート。10周年記念パーティーでは、記念すべき第一回のVTRがスクリーンに映し出されたのだが、そこには、いまほど“シュッ”ともしていなければ、かなり緊張もしている宮根さんが居た。

 しかもオープニングの最初のコメント「いよいよ」を「いやいよ」と噛む始末。脇を固めていた女子アナも、同局のベテラン、植村なおみアナと当時新人だった虎谷温子アナと、やや地味な布陣だったのである。

 翌年10月からは日本テレビとテレビ信州を除いた系列局でもオンエアされるようになり、そのまた翌年、全国ネットとなり、いまに至る。

 いまでこそ、関西より関東のほうが高視聴率なのだが、当初は関西発のワイドショーがどこまで東京で受け入れられるのか、読売テレビ幹部はもちろん、宮根さん本人も心配していたと聞く。

 ローカル時代、視聴率2%台が出ていたことがグラフになって、スクリーンに映し出されていたが、そこからスタッフ、出演者一丸となって知名度アップを心掛けたり、150人体制でフットワークの良い、きめ細やかな番組作りをしてきた結果、視聴率は徐々に上昇。やがて同時間帯トップとなっていくのである。

 そういえば、その頃、宮根さんはしょっちゅうロケに出ていたし、大阪のオバちゃんの扮装をしてコントのようなことにもチャレンジ。フルマラソンを走ったり、同局の『鳥人間コンテスト』に出たりもしていた。すべては「『ミヤネ屋』の宮根誠司」をアピールするためだった。

 もちろん、他局も『ミヤネ屋』の快進撃に指をくわえて見ていたワケではない。フジテレビは、一時中断していた午後ワイドを復活し、「打倒ミヤネ屋」をスローガンに『知りたがり!』『アゲるテレビ』、そして現在の『直撃LIVE グッディ』をぶつけてきたが目下のところ3連敗中である。

 テレビ朝日は、日本テレビがまだ『THEワイド』をやっていた頃から、15時台、『相棒』の再放送を始めると時間帯トップになっていたものだが、大きな事件や事故、芸能スキャンダルがあると視聴者が日本テレビ(読売テレビ)にチャンネルを合わせるので『ミヤネ屋』が圧勝。そのうち、視聴習慣がついてきたからか、15時台も『ミヤネ屋』が勝てるようになってきた。

 そしてTBSは奮闘していた『2時っチャオ!』の恵俊彰を午前11時スタートの『ひるおび』にスライドさせ、旧『2時っチャオ!』枠=『ミヤネ屋』の裏は現在、系列のCBC制作の『ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜』だ。だが、「街頭インタビューに出て来るのは名古屋の人たちばかりだし、トレンド情報も名古屋発のものばかりなのは、さすがにツライ」とTBS局内では、再び自局で午後ワイドの制作を考えているとも聞く。ところが、「舛添問題で数字が微増してしまって、切りづらくなった」のだとか。いずれにせよ、『ミヤネ屋』は『ゴゴスマ』に、ほぼトリプルスコアで勝利している。

 さて、『〜ミヤネ屋』の強さの秘密はどこにあるのか?

 いちばんは、いい意味でのノリの良さとフットワークの軽さだろう。何が面白くて何が面白くないかを即座にジャッジして、個性的なスタッフが一丸となって動きまくっているのだ。

 各曜日チーフは、全員ひじょうにユニークな人たちで、それぞれ独自の切り口をもっていて、ネタ選びはもちろんだが、スタジオで出すパネルやセットにも、各自の個性が表れている。

 宮根さんは、そんなスタッフ一人一人の名前や特徴を把握し、彼らを信頼し、そのスペースの中で自在に動き回っている。

 長く続いている番組のMCの中には、ひじょうに細かかったり、こうるさかったりする人も居れば、「天皇」と呼ばれ、スタッフがまずMCにお伺いをたてないと何も始まらないような番組もある。

 視聴者の皆さんの中には『ミヤネ屋』をご覧になり、宮根さんが件のフロアディレクター・I氏に対し、ぶっきらぼうな言葉を発したり、上から目線なので、もしかしたら二人は不仲なのではないかと心配している方もいらっしゃるかもしれない。が、Iさんのことを誰よりも面白がっているし、信頼しているのは宮根さん。互いに頭の回転が速い二人は、ボケたり、ツッコんだり、見事なコンビネーションを見せているのだ。

 冒頭にも記したとおり、10周年記念パーティーでほとんど座らず、コメンテーター陣の、けっこう長い挨拶(!)にも、いちいち頷いたり首を垂れたりしながら聞いていた宮根さん。

 このように、腰が低く、大所帯のスタッフを常に楽しませようと盛り上げたり気遣ったりしている宮根さんにもっともっと喜んでもらおうと、スタッフやリポーターたちは動き回り、日々汗をかいている。

 一人勝ちの『ミヤネ屋』の強みは、宮根誠司と出演者やスタッフの“チーム力”にあると私は見た。

 ちなみに、10周年パーティーには、ビートたけし、SMAPの木村拓哉、羽鳥慎一、EXILEのHIROら多くの有名人からVTRコメントが寄せられ、スペシャルゲストには、騒動後、初めて『ミヤネ屋』に出てきたときと同じ衣装に身を包んだ矢口真里がやってきた。

 そうしたゲストたちがみな、『ミヤネ屋』のヘビーウォッチャーであることが彼らのコメントからわかった。

「午後のワイドショーなら『ミヤネ屋』」というのは、まだまだ続きそうだ。

【関連記事】
『ミヤネ屋』のお天気お姉さん 目標は信頼されるキャスター
隠し子発覚のミヤネ屋・宮根誠司氏 「子供はどちらも宝」
宮根誠司 隠し子の母は大阪市内で飲食店を経営する32才女性

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP