ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハワイで大人気の枝豆は日本とちょっと違う

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ハワイで大人気の枝豆は日本とちょっと違う
J-WAVE金曜16時30分からの番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「KORANSHA AROUND THE WORLD」。7月29日はハワイから、渡部が生放送! ハワイ在住でラジオDJ、イベントディレクターなど、さまざまな活動をされているロジャース・徳重玲子さんにロコな英会話を教えていただきました!

日本人からすると、ハワイでの料理は量が多く感じるもの。そこで使えるフレーズを教えていただきました。

まずは、レストランで量が多いときにみんなでシェアしたい時に使うフレーズ。
「We want to share them together」

こちらは、料理を頼みすぎて食べきれなかったとき、お持ち帰りしたいときに使うフレーズ。徳重さんによると、現地の人は「ドギーバッグ」とは言わないそうです。テイクアウトは、大抵は大丈夫だそうで、恥ずかしがる必要はないそうです。
「Can I have a box to go?」

支払いのとき、割り勘したい場合に使えるフレーズ(3人の場合)。割り勘も普通に行われることなので、気にしなくても大丈夫だそうです。
「We want to split this amount by our 3」

これらをスマートに言えればローカルのレストランでも一目置かれること間違いなし!

続いて、ハワイのレストランで当たり前に食べられている日本の”あの食べ物”の話になりました。それは「枝豆」。ちなみに枝豆は「Edamame」で通じるそうです。実はハワイのみなさんも大好きで食べているのだとか。ビールと枝豆の鉄板の組み合わせは日本と変わらないとのこと。中には「ガーリック枝豆」なるものもあるそうで、渡部は興味津々…。

渡部:どんな枝豆なんですか?

徳重:皮のままガーリックと炒めます。当然、食べるときにガーリックが手につきますが、それを舐めながら食べるのがハワイ流です! お行儀はよくありませんけど。

渡部が試食したところ、「うまい!」と絶賛。ただし、ガーリックの香りはキツめです。塩味の枝豆もありますが、ガーリック味の方が断然人気なのだそうです。

ちなみに、枝豆を使った宮城県の伝統的お菓子「ずんだ餅」の専門店「ずんだ茶寮」がアラモアナショッピングセンターの「SHIROKIYA JAPAN VILLAGE WALK」に7月30日にオープン! 徳重さんによると、枝豆の加工品もこれから人気が出るのでは…とのことでした。

日本でも味わえますが、ハワイで食べると、また違った雰囲気を味わえるかもしれませんね。

【関連サイト】
「GOLD RUSH」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。