ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

eスポーツをVR観戦 人気ゲーム『DOTA 2』に新機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SteamVRのクリエイターとHalf Lifeの開発者は、Valveの最も人気のあるタイトルの一つである『DOTA 2』のアップデートを行いました。追加要素の中で特に大きなものとして、「VR観戦モード(VR Spectator Mode)」が追加されました。

戦闘の様子を間近で観戦できる「VR観戦モード」

今回のアップデートは8月8日から13日にわたって米シアトルにて開催される『Dota 2』の公式世界大会「The International 2016」に合わせて配信されました。

VRデバイスでゲームプレイを観戦できる「Dota VR Hub」が実装されたことにより、マップ上の激戦の様子を俯瞰視点で観戦したり、戦士たちと同じ視点に立ち、迫力ある戦闘の様子を間近で観ることも可能になります。また、VR上の巨大なスクリーンに映し出された試合の様子を他のプレイヤーと一緒に観戦する様子も紹介されています。

DotA 2 VR Spectator Mode

https://www.youtube.com/watch?v=4FInB3hYeQA

巨大なシアターで他のプレイヤーと観戦するモード

戦闘の様子を間近で観戦できるモード。公式によると、観戦モードは最大15人までサポートしているとのこと。

Dota2に新たに追加されたVR観戦モードが今後のe-Sportの新たな観戦の形になるのか。今後の可能性を感じさせるアップデートとなりました。

なお今回のアップデートでは、他にプレイヤーカードや試合の結果予想機能なども追加されました。全ての追加要素に関しては公式ページより確認することができます。

(関連記事)
【HTC Vive】7月第4週の新作リリース情報

SMI、HTC Vive向けアイトラッキングの開発者版を発表

(参考)
Valve Adds VR Spectator Mode to ‘DOTA 2’(英語)
http://uploadvr.com/valve-adds-vr-spectator-mode-dota-2/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。