ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手のコリを予防する荷物の持ち方とは?筋肉疲れを軽減するイメージエクササイズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。日々の生活の中で、手や握力を使う機会はたくさんありすぎて、手が疲れても仕方がないと思っていませんか?ちょっとした意識をするだけで、手のコリや疲れは予防できてしまうんです!今回は、そんなイメージエクササイズをご紹介いたします。

荷物を持つ手の負担を減らす方法

カバンを持つ手、荷物を運ぶ時の手、スマホを持つ時の手、買い物袋を持つ時の手…。あらためて、どのくらい握力を使っているか思い出してみてください。実際に持ってみてもいいでしょう。

物を運ぶ時は、その物を落さずに移動させればいいわけですから、落とさない程度・滑り落ちない程度の握力を使っていればいいはずなのに、過剰に指を曲げて力を入れたり、握りしめるようにして肩まで力が入っていたりしませんでしたか?


試しに荷物を持つ時に、指を荷物に軽くひっかけて、落ちるか落ちないかぎりぎりの感覚で持ってみましょう。「こんなに少ない力で落ちないんだ!今までだいぶ過剰に力を入れていたな」と気づくことでしょう。

パソコン、ペン、包丁…手や肩の力を見直そう

パソコンを使う手やペンを持つ手、包丁を握る手の力も見直してみましょう。パソコンキーボード上に手を置いた時に、特に下へ押す力を加えなければキーボードは押されませんよね。それでも、手指をキーボードから浮かせる余計な力を使い続けて、疲れている人はたくさんいます。

テニスのラケットを握る時も、余分な力で握ると肩が力んでいいパフォーマンスができないように、ペンを持つ手も包丁を握る手も、できるだけ余分な力をそぎ落としていって、最小限の力で握るようにすると、肩の力も抜けて肩こり予防にもなります。

おわりに

いかがでしたか?毎日使う手指や握力を見直して、最小限の力に変えていくだけで、どれだけ筋肉の疲れを予防することができることでしょう。

肩こりや首こり、頭痛など他に付随する疲れ・痛みの症状も予防する一助になります。精神的な疲れやストレスの軽減にも役立ちます。これから早速、見直してみませんか?

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

小顔効果も!頭皮マッサージが女を美しくする理由
持っていないと損!不調や肌悩みにアプローチできる精油5選
【美脚づくり】すぐに実践できる!美脚につながる簡単セルフケア3つ
ちょっとしたことに意識して姿勢美人になれるコツ3選
ミランダカーも絶賛!?ヘルシー食材「おからこんにゃく」でアンチエイジング

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP