ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウルトラマン放送開始50周年 親子で携わるテレビマンの秘話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年はウルトラマンの放送開始50周年だ。それを記念して、「サンシャインシティ」では、「ウルトラマンフェスティバル2016」が開かれいている。責任者は、「ウルトラマン生みの親のひとり」と言われる人の息子だ。大人力コラムニスト・石原壮一郎氏がレポートする。

 * * *
 ウルトラマンが光の国からぼくらのために来てくれたのは、1966(昭和41)年のこと。今年はウルトラマンシリーズ放送開始50年となる節目の年です。現在、東京・池袋のサンシャインシティでは、26回目となった「ウルトラマンフェスティバル2016」が開催中。幼いころウルトラマンに胸ときめかせ、たくさんのことを教わってきた中年世代も、ウカウカしてはいられません。

 イベントの責任者を務めるTBSテレビ文化事業部プロデューサーの飯島一彰さんも、むしろ大人にこそオススメと太鼓判を押します。

「今年のウルフェスのキャッチフレーズは『リアルウルトラ体験!』です。自分がスペシウム光線を出している写真を撮ったり、全長8メートルを超える“実物大”のウルトラマン(肩上像)で迫力を体感したりして、『リアルウルトラマンごっこ』をお楽しみください」

 私もさきほど迫力たっぷりの展示やライブステージを拝見しましたが、たしかに大人もめちゃくちゃテンションが上がりますね。「ジョワ!」と叫びながら押入れの上から飛び降りていた自分に戻れるし、大人になった今だからこそ、自分がウルトラマンから何を受け取ったのかをあらためて感じることもできます。

 それはさておき、飯島さんがTBSラジオの制作部にいらした頃には「ストリーム」という番組の「コラムの花道」などで、たいへんお世話になりました。前々からお聞きしたくて、でも聞いていいものかどうか迷っていたんですが、あの元TBSの飯島敏宏さんは飯島さんのお父さんなんですよね。ウルトラマンの監督や脚本を手掛け、特撮ファンのあいだでは「ウルトラマンの生みの親のひとり」として神様的な存在であるところの。

「そ、そうなんです。神様云々は言い過ぎですけど。上司からは『最近、ウルトラマンに顔が似てきたんじゃないか』なんて言われるんですよね。ぼくは今年47歳で、ウルトラマンができたときには、まだ産まれてませんって言ってるんですけど」

 いやいや、遺伝子のなせる業というかなんというか。でも、事あるごとに「えっ、あの飯島敏宏さんの息子さん!」と言われるのは、きっと嬉しくはないですよね。

「そりゃイヤでしたよ。まあでも、今はもう開き直りましたね。20代、30代のときに、会社からウルフェスの仕事をしろって言われたら、拒否してたかもしれません。この年になって、飯島敏宏という先輩クリエイターを尊敬の目で見られるようになったし、親子でウルトラマンに携われるありがたさも感じられるようになりました」

 お父さんは現在83歳。今年7月に行なわれた記念イベント「ウルトラマンの日in杉並公会堂」では、元気にステージにお立ちになったそうですね。ウルトラマンが誕生して50年後に、息子がイベントの責任者を務めて自分が出演する。さぞお喜びになったかと。

「どうなんでしょう。そういうときはオヤジは、あそこはこうしたほうがいいとかあれがどうだとか、ダメ出ししかしないんですよね。お礼の言葉ですか? いやいや、そんなことを言う人じゃありません。でも、ちょっとは親孝行になったのかなとは思ってます」

 親子で、ウルトラマンについて語ったりするんですか。

「そういう話も少しはするようになったのは、最近ですね。バルタン星人は、地球を侵略しに来たわけじゃないんだ、家族がテーマなんだ。物語をつくるときは、メッセージ性がないとダメ、ただ見せるだけじゃ喜ばれない。そんなことを言ってました。だからってわけじゃないんですけど、今回のウルフェスも、入口から出口までのあいだに『ウルトラマンがいる世界』のストーリーを感じてもらうことを意識しました」

 無理やりなこじつけかもしれませんけど、お父さんがウルトラマンに込めたスピリッツはきっちり受け継がれているってことですね。

「またまた、石原さん、うまいことを。それはわかりませんけど、ただ、このウルフェスはTBSや円谷プロの人間が現場で入り混じって、ワイワイやりながら作り上げていっています。50年前にウルトラマンが生まれたときも、みんなでいっしょにワイワイやってたはずなんですよね。同じようなチームで同じキャラクターの50周年を盛り上げている。そう考えると感慨深いし、ウルトラマンってすごいなと思います」

 考えてみたら、バルタン星人だけじゃなくてウルトラマン自体が、家族や親子をテーマにした物語と言えます。というわけで、放送開始50年を迎えたウルトラマンの背景には、リアルな親子鷹の物語がありました。ファンにとっても感慨深いし、そういうことを知った上で「ウルフェス」を訪れれば、味わい深さもひとしおでしょう。いや、よそ様のお家の親子関係を肴に勝手に楽しませてもらって恐縮ですけど。

 開催は8月28日(日)まで。会場には、親子連れに混じって中年ファンの姿も少なくありません。ちなみにですが、会場のスタッフは科学特捜隊風のコスチュームに身を包んでいて、とくに女子のその姿はスペシウム光線並みの破壊力です。入場料や展示内容、限定グッズなど、詳しくは「ウルフェス」で検索を。

【関連記事】
ウルトラマンタロウ 本当は「ジャック」になるはずだった
北乃きい 腕組み2ショットでウルトラマンもメロメロに!?
ウルトラマンを授業の教材に使う教師が正義について考えた書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP