ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ぺこ&りゅうちぇる 結婚はもう少しお金を貯めてから…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「結婚したら男の子と女の子、子供は2人ほしいよね」――撮影中も手をつなぎ、終始仲良しなぺこ(21才)・りゅうちぇる(20才)。

 2人は、共に暮らすカップルであり、原宿のショップ店員から人気に火が付いた、いわゆる原宿系タレント。

「90年代の海外ティーンのファッションが大好き。毎日テーマを決めて変身しています」と語るぺこは、中学生の頃からSNSで私服を公開し、今や服をプロデュースするなど、ビジネスの手腕も発揮。一方、りゅうちぇるは、18才のときに沖縄から原宿を目指して上京し、ぺこと出会った。

「中学生の頃メイクしていたら、ちぇるちぇるランド(沖縄のこと)で浮いてたさ~。原宿はどんな人でも受け入れてくれる、自分を表現できる場所。今でも2人で服を買いに出かけるの。ときどきぼくらを見て脱力してくれたらいいな。みんなにハッピーとキラキラを届けられる人になりたい」

 結婚はもうちょっとお金を貯めてから…と、真剣な眼差しで語るりゅうちぇる。今後若者のヒットを牽引するのは、“原宿発”のパワーかも。

 いつもテーマを決めて一緒にコーディネートを楽しむ。この日のぺこは、「急いで三つ編みをして牛乳を買いに行くLAの女の子」で、りゅうちぇるは、「理科の実験が好きなエアロビボーイ」。

“好きな服を着て自分らしくいたいと思えた”。そんなファンの言葉に「まじ泣きそうになっちゃった」と、ぺこは語った。

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
りゅうちぇる 「オネエ言葉なのに男らしい」と称賛の声
新婚の千原ジュニア 「リアルジュニア」の誕生は再来年以降
ぺこ&りゅうちぇる他 堂々交際カップルが人気の理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。