ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日焼けしちゃったら「優しく保湿+ABC」ケア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

紫外線対策には気をつけていても、うっかり忘れてしまったり、日焼けしてしまうことも。そんな時は早く正しい対応で肌のダメージを軽減しましょう。

皮膚は軽いやけどの状態

日光(紫外線)を浴びて焼けてしまったお肌は、まさにやけどと同じ状態。軽度ではありますが、表面だけではなく真皮層までダメージを負っているのです。そのままにしておくと、肌が黒くなるばかりか後々シミになったり光老化でシワシワのカサカサに。焼けちゃった! と気付いてすぐに対処していけば、最低限のダメージで済むのです。

ガンガン水分補給を

まずは速やかに日焼けした場所を冷やします。皮膚が熱を持った状態なのでとにかく冷やすことが先決。でも刺激は与えず優しくが鉄則。できれば火照りがおさまるまで冷えたペットボトルや水で濡らしたタオルをあてて冷やします。次に、水分がなくなって乾燥しているお肌を徹底的に保湿します。このときもパッティングはせずに優しくこまめに水分補給を。コットンパックも繊維が肌に負担になることもあるので両手を使って優しく押さえ込むようにします。できるだけ成分濃度の薄い化粧水のほうがこの時だけは肌には良いかもしれません。たっぷりと水分を補給したら、フタをするためのオイルとして低刺激のココナッツオイルやアーモンドオイル、ホホバオイルなどを薄く塗ると良いでしょう。軟膏でも構いません。

すみやかに摂取するべきはABC

日焼けしてしまったら、皮膚や粘膜を正常に保つための栄養分であるビタミンAを摂りましょう。ビタミンAが豊富な緑黄色野菜にはβカロテンも豊富に含まれているので抗酸化力もあります。そして皮膚粘膜の再生や健康維持に必要な美容のビタミンでもあるビタミンB2もしっかり摂って。ヨーグルトにはビタミンB2が含まれているので、食べても良し、パックにしても良しです。そして美白のビタミンであるビタミンCをたっぷりと。メラニンの生成を抑え、保湿も助け、抗酸化力も抜群なので日焼け後の肌には欠かせません。

日焼けしてすぐの対処が、この先何年後何十年後のお肌に影響してくるんです。後々後悔しないように、忘れずにケアしてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP